合理的創薬のめざす未来

 よく、「新薬を開発するということは、1人の医師が一生に診ることのできる患者の数を桁違いのスピードで救うことができるということである」と言われます。もちろん医師の適切な診断があってこその薬ですが、それだけ新薬の開発が偉大であり、求められているということを意味していると思います。その開発に近づくために私たちは日々研究を重ねています。
 コンピュータが生きている限り、化学の進化によって、不治の病と言われる病気を治せるかもしれない、そんな未来を描くことができると思います。

asahi.com 立教大学若者の群像(生きるコンピュータ)」より

Research

■ 食品中に含まれる化学成分の生理活性に関する理論的研究

■ 核内受容体をターゲットとした理論的創薬

■ ウイルス感染症に対する新規治療薬の設計・開発

■ 有機合成反応に対する理論的反応解析

■ 血液細胞分化に関与する転写因子の協調的複合体形成機構に関する理論的解析

Menu



Place

立教大学理学部


View Larger Map

Access Counter

今日の訪問人数 :

昨日の訪問人数 :

総訪問人数 :