前期A期間 知的財産論

法的概念としてではなく、経営戦略の一環として論じる。

 本授業は,事業戦略の実効に直結する「知財経営」に迫る。今日の企業経営において,特許権,商標権,著作権,営業秘密を初めとする知的財産を活かす戦略が強く求められている。「知財ありき」のような発想を批判的に捉え,知的経済の進展,インターネットの普及,経済のグローバル化といった時代的な背景と,いわゆる「技術経営(MOT)」との関連性を念頭に置きながら,経営コンサルティング事例や代表的なトピックも素 材に加え,知財経営にかかる基本的な知識,戦略的な視点,及び実践的な考え方の一角を習得する。

知財経営戦略とは_日本大手企業にて

 授業計画

  1 序説:「日米特許戦争」の背景及び教訓
  2 企業経営における知財戦略の位置付けと今日的課題
  3 特許権と経営@「中村裁判」「太陽の罠」「下町のロケット」
  4 特許権と経営A事業戦略に求められる特許戦略の視点 
  5 商標権と経営@外食産業にまで及ぶ商標トラブルの底流
  6 商標権と経営Aブランドの形成に必要な四つのステップ
  7 著作権と経営@エイベックス社がJASRAC離脱の意味
  8 著作権と経営Aネットビジネスにおける競争的優位性
  9 営業秘密と経営@コカコーラ社のトップシークレットとは
  10 営業秘密と経営Aクローズ戦略とオープン戦略の共振
  11 履修者によるプレゼンテーション@
  12 履修者によるプレゼンテーションA
  13 履修者によるプレゼンテーションB
  14 結語:ビジネスモデルを支える「知財ミックス」の本質 

 授業計画以外の進め方などについてはこちら

 
参考リンク
   知的財産戦略本部(内閣官房)
   日経BP知財Awareness(日経BP)、書籍『知財戦争』(三宅伸吾)
   知財戦略の射程、課題及び本質を考えよう(張輝)
   中小企業のための知財マニュアル(東京都知的財産総合センター)
   主要知的財産の基本情報(TBI)

 他の担当科目