コミュニティサポートセンターについて

「コミュニティサポートセンター」はコミュニティ福祉学部の有する資源を活かして地域コミュニティと連携することを目的に設立されました。さまざまなコミュニティと協働し活動を展開しています。(※現在は「東日本大震災復興支援推進室」で運営されています)

地域連携活動

高畠プロジェクト
山形県高畠町との継続的交流
「福祉の町づくり」をめぐる共同研究や県立高畠高校への講師派遣、高畠ロードレースへの参加、地域福祉現場実習など、さまざまな事業において交流を図り、互いに共通する課題と取り組み、豊かな福祉社会を創造する未来の人材を育成することを目指す。
(※2010年11月3日、立教大学コミュニティ福祉学部は山形県高畠町との交流10周年目に、「山形県高畠町と立教大学コミュニティ福祉学部との連携及び交流に関する協定」を結びました。)

教員によるプロジェクト
コミュニティ福祉学部教員のネットワークを活かした活動
コミュニティ福祉学部 「地域連携・協働プロジェクト助成事業」

しょうがい者活動支援
地域で生活するしょうがい者の社会参加を支援する活動
埼玉県新座市「ノーマライゼーション研究会」

中山間支援・地域活性化事業
埼玉県小川町木呂子に拠点を持ち、学生が年間を通しての交流
「ふるさと支援隊」