更新情報・お知らせ

2016/9/21 学会 受賞
東京大学山上会館および薬学部で行われた日本薬学会関東支部第60回大会において、M1の松尾直也くんが優秀口頭発表賞を受賞しました。演題は『共役因子を含むPPARαアゴニスト複合体の理論的解析』です。松尾くんは昨年度の優秀ポスター発表賞に続いて2年連続での受賞になります。
2016/09/20 論文
当研究室の松尾直也くん、石坪江梨花さんと静岡県立大中野祥吾先生たちとの共同研究の酵素DAAOに関する共同研究"Origin of Stereoselectivity and Substrate/ligand Recognition in an FAD-Dependent R-Selective Amine Oxidase"がアメリカ化学会の物理化学の専門誌J.Phys.Chem.B に受理されました。
2016/9/17 学会
東京大学山上会館および薬学部で行われた日本薬学会関東支部第60回大会で、PDのSundaram Arulmozhiraja博士とM1年の松尾直也くんが口頭発表し、B4の松田瑠理子さんがポスター発表しました。
2016/8/22〜9/9 その他
当研究室PDのVladimir Sladek博士が所属するスロバキア科学アカデミーをはじめ、チェコのプラハ大学、スロバキアのマサリク大学をB4の山本雄大くん、石川雄規くん、松田瑠理子さんと一緒に訪問しました。詳細はこちら
2016/08/7〜8 セミナー
昨年と同様に、星薬科大生体分子有機化学研究室、上智大学有機合成化学グループ、芝浦工業大学システム理工学部生命科学科グループと一緒に湯河原に合同合宿ゼミに行ってきました。今年は静岡県立大の中野先生、岡山大の加来田先生にもご参加いただき、一層にぎやかになりました。詳細はこちら
2016/07/19学会
東京大学医科学研究所の学友会セミナーにて、常盤教授が『見て、触って、閃いて!3Dプリンタにより、今開かれる「計算ウイルス学」の世界」』という演題でセミナを行いました。詳細はこちら
2016/06/30〜7/1 学会
長野県の茅野にあるエキシブ蓼科で行われた創薬懇話会2016 in 蓼科にM2の加藤くん、B4の山本くん、石川くん、小山さん、松田さんが参加しました。M2の加藤くんとB4の石川くんがポスター発表しました。詳細はこちら
2016/06/19〜21 学会
博士研究員のVladimir Sladekがカナダ トロントのPeter Gilgan Centre for Research and Learning, The Hospital for Sick Children "SickKids"でのGlycoT 2016」に参加、発表しました。 写真はこちら
2016/06/10 その他
ホームページのリニューアル以来、40万アクセスを突破しました! 昨年8月の30万アクセスから約10ヶ月で新たに10万アクセスを達成しました。
2016/05/30その他
当研究室の卒業生の酒井美帆さんに、「理学とキャリア」で『卒業生の私の履歴書』と題して講義をしていただきました。詳細はこちら
2016/05/13学会
福島県のホテルリステル猪苗代にて行われた第51回日本脳炎ウイルス生態学研究会において、常盤教授が『最新の計算科学とバイオインフォマティックスを基盤とした計算ウイスル学の可能』という演題で招待講演を行いました。詳細はこちら
2016/05/04 論文
当研究室の酒井美帆さん、堀隆典くん、石坪江梨花さんたちのインフルエンザ阻害剤に関する共同研究"A Novel Potent and Highly Specific Inhibitor against Influenza Viral N1-N9 Neuraminidases: Insight into Neuraminidase-inhibitor Interactions"がアメリカ化学会の医薬品化学の専門誌J.Med.Chem. DOI: 10.1021/acs.jmedchem.5b01863として公表されました。
2016/04/01 その他
新卒研生6名を迎えて新年度がスタートしました!!
さらに今年度は、スロバキアからVladimir Sladek博士およびインドからSundaram Arulmozhiraja博士をPDとして迎え、パワーアップして新たな成果を目指して研究室一同、がんばります!
2015/03/26〜28 学会
パシフィコ横浜で行われた日本薬学会第136回年会で、常盤教授、M1の加藤裕也くん、松尾直也が口頭発表し、B3の山本雄大くん、石川雄規くんがポスター発表で学会デビューしました。
2016/3/25 その他
大学院理学研究科の卒業式が行われ、前期課程2年の藤田侑くん、丸藤友彦くんが卒業しました。
2016/03/24 その他
理学部の卒業式が行われ、理学部化学科4年の熊谷茜さん、夏目継介くん、立原勇武くん、杉山俊樹くん、亀井貴司くんが卒業しました。
2016/02/29〜3/4 学会
大阪大学産業研究所にて行われた第28回コンピュテーショナル・マテリアルズ・デザイン(CMD)ワークショップにて常盤教授が招待講演を行いました。
2016/01/25〜27 学会
沖縄恩納村のホテルモントレ沖縄にて行われた5th Negative Strand Virus Japan (5th NSV-J)に参加しました。
常盤教授が口頭発表しました。詳細はこちら
2016/01/15〜25 研究
当研究室が推進する立教SFR重点研究の協力研究員として、スロバキア科学アカデミー化学研究所から、Vladimir Sladek博士とStanislav Kozmon博士を招へいしました。詳細はこちら
2016/01/12 学会 受賞
3月、横浜で行われる日本薬学会第136年会における常盤教授の発表「3Dプリンタが切り開く新規創薬カテゴリ」が昨年に引き続き2年連続で、報道機関向け講演ハイライトに選出されました!
2016/1/11 研究
革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)」の第1回キックオフミーティングが東京、丸ビルホール&コンファレンススクエアで行われ、静岡県立大の中野先生と一緒に常盤教授も参加しました。これから約5年3ヵ月間、プロジェクト研究が展開されます。
2015/11/26 研究
平成27年度「革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)」の研究開発領域「画期的医薬品等の創出をめざす脂質の生理活性と機能の解明」に分担として参画する課題「脂肪酸の鎖長を基軸とした疾患の制御機構と医療展開に向けた基盤構築」が採択されました。詳細はこちら
2015/11/22〜24 学会
福岡国際会議場で行われた第63回日本ウイルス学会学術集会で、M2年の藤田侑くんが発表しました。詳細はこちら
2015/10/1 学会 受賞
日本大学薬学部で行われた日本薬学会関東支部第59回大会において、B4の熊谷茜さん、松尾直也くん、および夏目継介くんが『優秀ポスター賞』に選ばれました。発表演題はそれぞれ、「アダマンチル基と三重結合を有するビタミンD誘導体に関する理論的研究」、「FMO法およびMDシミュレーションを用いた抗ヒトパラインフルエンザ化合物に関する理論的研究 」、および「RXRパーシャルアゴニストに関する理論的研究」です。今回、同一研究室から3演題、同時に受賞することができました!
2015/09/15〜20 学会
クロアチアのスプリトのホテルLe Meridien Lavにて行われた23rd INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON GLYCOCONJUGATES (Glyco23)に参加しました。研究員の岡崎さんと常盤教授が発表しました。詳細はこちら
2015/09/18 その他 受賞
本学の前期特別終了卒業式が行われ、大学院前期課程の中野佑香さんが特別終了し、卒業しました。その中で中野佑香さんは総代に選ばれました。
2015/9/12 学会
日本大学薬学部で行われた日本薬学会関東支部第59回大会で、M2の藤田侑くんが口頭発表し、M1の加藤裕也くん、B4の松尾直也くん、夏目継介くん、熊谷茜さん、立原勇武くん、亀井貴司くん、杉山俊樹くんがポスター発表しました。
2014/09/9〜11 学会
兵庫県淡路島にて行われた第14回あわじしま感染症・免疫国際フォーラムに参加し、M2の藤田侑くんとB4の松尾直也くんがポスター発表しました。詳細はこちら
2014/09/6〜8 学会
第14回あわじしま感染症・免疫国際フォーラムに先駆けて、淡路島のアテーナ海月で行われた第4回感染症若手フォーラムにM2の藤田侑くんとB4の松尾直也くんが参加、発表しました。
2015/08/24〜25 セミナー
昨年と同様に、星薬科大生体分子有機化学研究室、上智大学有機合成化学グループ、芝浦工業大学システム理工学部生命科学科グループと一緒に湯河原に合同合宿ゼミに行ってきました。今年は50名を超える参加者があり一層にぎやかになりました。詳細はこちら
2015/08/04 その他
ホームページのリニューアル以来、30万アクセスを突破しました! 昨年10月の20万アクセスから約9ヶ月で新たに10万アクセスを達成しました。これは前回の新規10万アクセスのペースを上回っています!
2015/07/31〜8/2 学会
東京大学田講堂、山上会館で行われた第34回日本糖質学会年会にて、M2年の藤田侑くんとB4年の松尾直也くんが発表しました。詳細はこちら
2015/07/2〜3 学会
徳島県の鳴門にあるグランエキシブ鳴門ザ・ロッジで行われた創薬懇話会2015 in 徳島に参加しました。B4の松尾直也くんが学会デビューし、ポスター発表しました。詳細はこちら
2015/06/20〜25 学会
フロリダのオーランドで行われたAmerican Peptide Society's 24th International Symposium (APS2015)にて、研究員の岡崎誠司さんが発表しました。詳細はこちら
2015/05/22〜23 学会
東京大学医科学研究所で行われた第29回インフルエンザ研究会に参加しました。詳細はこちら
2015/05/14〜18 学会
パシフィコ横浜国際会議場で行われたACN2015 12th Asian Congress of Nutritionに参加し、M2年の中野佑香さんがポスター発表しました。詳細はこちら
2015/05/10〜15 学会
当研究室で推進している立教SFR重点プロジェクトにて、世界初の抗インフルエンザ薬の開発者として名高いオーストラリアのMark von Itzstein先生を招へい致しました。5月12日は大阪大学薬学部にて、13日は東京工業大学田町キャンパスにて、FMO研究会特別講演として、さらに5月14日には、本学にて公開講演会を行いました。詳細はこちら
2015/04/14 学会
神戸で行われた日本薬学会第135回年会での当研究室の報道機関向けハイライト講演が「分子シミュレーションで抗デングウイルス薬、リード化合物へ到達!」 として、日経バイオテクOnlineに紹介されました。詳細はこちら
2015/04/09 学会 受賞
神戸で行われた日本薬学会第135回年会の多数の発表の中から、2014年度M2の石坪江梨花さんが2年連続で優秀発表賞に選ばれました!
2015/04/01 その他
新卒研生6名を迎えて新年度がスタートしました!! 今年度も新たな成果を目指して研究室一同、新規一転楽しみながらがんばります!
2015/03/26〜28 学会
神戸で行われた日本薬学会第135回年会で、常盤教授、M2の中野佑香さん、B4の加藤裕也くんが口頭発表、M2の石坪江梨花さん、細沢拓未くんがポスター発表しました。
2015/3/25 その他
大学院理学研究科の卒業式が行われ、前期課程2年の石坪江梨花さん、細沢拓未くんが卒業しました。
2015/03/24 その他
理学部の卒業式が行われ、理学部化学科4年の安藤友宏くん、佐藤菜摘さん、鈴木雄太くん、加藤裕也くんが卒業しました。
2015/01/21 学会 受賞
2015年3月神戸で開催された日本薬学会第135年会にて常盤教授が発表する「高精度第一原理計算を用いた新規抗デングウイルス阻害剤に対する理論的研究」が報道機関向けハイライト講演に選出されました。
2015/01/19〜21 学会 受賞
沖縄宜野湾のラグナガーデンズホテルにて行われた4th Negative Strand Virus Japan (4th NSV-J)に参加しました。
常盤教授とM2年の石坪江梨花さんが口頭発表し、M1年の藤田侑くんがポスター発表しました。本シンポジウムにて石坪さんは、審査の結果、発表旅費補助学生に選出いただきました。詳細はこちら
2014/11/26〜28 学会
神戸ポートアイランドの神戸国際会議場で行われた第32回メディシナルケミストリーシンポジウムに参加し、M2年の石坪梨花さんが発表しました。
2014/11/16〜19 学会
ハワイのHilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resortで行われたJoint Meeting of SFG and JSCR(Intergrating Glycoscience from Biology and Chemistry to Medicine)に参加し、M2年の石坪梨花さんが発表しました。詳細はこちら
2014/11/10〜12 学会
パシフィコ横浜で行われた第62回日本ウイルス学会学術集会で、M2年の石坪梨花さんが発表しました。詳細はこちら
2014/11/7 学会
東京海洋大学品川キャンパス楽水会館で行われた第13回ホスファチジルセリン研究会で、常盤教授が招待講演しました。
2014/11/5〜6 学会
静岡日本平ホテルで行われたThe 2nd International Conference on Pharma-Food (ICPF 2014)で、M2年の中野佑香さんと石坪江梨花さんが発表しました。詳細はこちら
2014/10/22〜24 学会
徳島大学大塚講堂で行われた第51回ペプチド討論会で、M2年の石坪江梨花さんが発表しました。
2014/10/21〜22 学会
筑波大学大学会館国際会議室で行われた第6回「学際計算科学による新たな知の発見・統合・創出」シンポジウムで、常盤教授が発表しました。
2014/10/15〜17 学会
高知県立県民文化ホールと三翠園で行われた第56回天然物有機化合物討論会で、M2年の細沢拓未くんが発表しました。詳細はこちら
2014/10/11 その他
ホームページのリニューアル以来、20万アクセスを突破しました! 約1年で新たに10万アクセスを達成しました。
2014/10/4 学会
昭和薬科大学で行われた日本薬学会関東支部第58回大会で、M2のの中野佑香さんとB4の佐藤菜摘さんがポスター発表し、常盤教授が発表しました。
2014/09/23〜25 学会
イギリスのオックスフォード大学セントヒルダスカレッジにて行われた3rd International Conference of Drug Design 2014にM2の石坪さんが参加し、発表しました。詳細はこちら
2014/09/23〜26 学会
奈良県新公会堂にて行われた第13回あわじしま感染症・免疫国際フォーラム in 奈良に参加し、発表しました。詳細はこちら
2014/09/20〜22 学会
和歌山大学で行われた第58回香料・香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会にて、M2年の細沢拓未くんが発表しました。
2014/09/07〜10 学会
オーストラリアゴールドコーストのGrriffith大学にて行われたSIALOGLYCO2014国際会議に参加しました。M2年の石坪江梨花さんが発表しました。詳細はこちら
2014/08/29〜30 学会
東京お台場の国際交流館プラザ平成で行われた日本脂質栄養学会第23回大会にて、M2年の中野佑香さんが発表しました。詳細はこちら
2014/08/20 その他
本学の140周年プロジェクトの中で、140人のメッセージ「立教と私 ― 140の未来 ―」に在学生として、当研究室M2年の石坪江梨花さんが紹介されました。詳細はこちら
2014/08/10〜12 学会
名古屋大学豊田講堂で行われた第33回日本糖質学会年会にて、常盤教授とM2年の石坪江梨花さんが発表しました。詳細はこちら
2014/07/10〜11 学会
岐阜長良川温泉ホテルパークで行われた創薬懇話会 in 岐阜 2014に、昨年に引き続いて当研究室M2年の細沢拓未くんと石坪江梨花さんが参加して発表しました。詳細はこちら
2014/06/22〜28 研究 セミナー
本学未来分子研究センターの研究員として、スペインのサンチャゴデコンポステラ大から、Rocio Garcia Oteroさんが来日し、新規ビタミンDパーシャルアゴニストの研究を行いました。詳細はこちら
2014/06/18〜21 研究
スペインのサンチャゴデコンポステラ大のProf. Antonio Mourino先生の研究室を、常盤教授、M2年の石坪江梨花さんと細沢拓未くんが訪問しました。詳細はこちら
2014/06/18〜21 学会
ポルトガルのポルトで行われた9th International Symposium on Glycosyltransferases (Glyco-T 2014)にて、M2年の石坪江梨花さんと細沢拓未くんが発表しました。詳細はこちら
2014/06/4〜6 学会
京王プラザホテルで行われた3rd isirv-Antiviral Group Conference (Influenza and Other Respiratory Virus Infections: Advances in Clinical Management)にて、M2の石坪江梨花さんが発表しました。詳細はこちら
2014/04/14 学会 受賞
熊本大学で行われた日本薬学会第134回年会の多数の発表の中から、M1の石坪江梨花さん、細沢拓未くんの2名が優秀発表賞に選ばれました!
2014/04/01 その他
新大学院生2名、新卒研生4名を迎えて新年度がスタートしました!! 今年度は少数精鋭でがんばります!
2014/03/28〜30 学会
熊本大学で行われた日本薬学会第134回年会で、常盤教授、M1の石坪江梨花さん、細沢拓未くん、B4の藤田侑くん、丸藤友彦くんが口頭発表しました。
2014/03/29 学会
明治大学生田校舎で行われた日本農芸化学会2014年度大会で、常盤教授が発表しました。
2014/03/28 学会
熊本大学で行われた日本薬学会第134回年会で、ベーリンガーインゲルハイム社とイーライリリー社主催のランチョンセミナーで常盤教授が「今こそ高精度計算によるコンピュータ支援型創薬を -ここまでわかるDPP4阻害薬の違い-」という題目で講演しました。
ランチョンセミナーに引き続き「ウエット−ドライ融合型医薬カテゴリを基盤とする創薬学の可能性」というシンポジムが開催され、筑波大医学部島野仁先生、岡山大学薬学部宮地弘幸先生、東大医科学研究所野田岳志先生、北海道大学人獣共通感染症センター五十嵐学先生に御講演頂きました。
2014/03/25 その他
大学院理学研究科の卒業式が行われ、前期課程2年の山藤歩さん、前川和樹くん、渡會友祐くんが卒業しました。
2014/03/24 その他
理学部の卒業式が行われ、学部4年生の藤田侑くん、丸藤友彦くん、宮本滉大くん、竹内雅人くん、今涼太くんが卒業しました。
2014/02/19〜20 その他 受賞
2013年度の大学院博士前期課程の最終試験(発表)が行われ、当研究室の山藤歩さんが優秀発表賞に選出されました。発表題目は「新規デングウイルス感染症治療薬の理論的開発」です。
2014/2/12 学会
和光市の理研で行われた糖鎖バイオインフォマティクス若手の会でM2の山藤さんが口頭発表しました。詳細はこちら
2014/02/3〜4 学会
2013年度の卒業研究発表が行われ、当研究室の藤田侑くんが優秀発表賞に選ばれました。発表題目は「インフルエンザウイルスHAとSulfatideとの理論的相互作用解析」です。
2014/01/14〜16 学会
沖縄宜野湾のラグナガーデンズホテルにて行われた3rd Negative Strand Virus Japan (3rd NSV-J)に参加しました。
常盤教授が講演し、石坪江梨花さんがポスター発表しました。詳細はこちら。
2014/1/7 その他
M1の中野佑香さんが留学中のオランダNijmegen大学をM1の石坪さんと常盤教授が訪問しました。詳細はこちら
2014/1/6 研究
ドイツMulheimのマックス・プランク研究所をM1の石坪さんと常盤教授が訪問しました。詳細はこちら
2013/12/20〜21 学会
岡山理科大学で行われた第17回生体触媒シンポジウムで、常盤教授が発表しました。
2013/11/30 その他 受賞
大学院前期課程1年生の中間発表において、(非公式)投票で当研究室室の細沢くんが第1位に選出されました。発表題目は「細胞毒性活性を有するキノリン誘導体aspoquinolone Aの合成研究」です。
2013/11/20〜22 学会
広島のアステールプラザで行われた第31回メディシナルケミストリーシンポジウムで、常盤教授、M2の山藤歩さん、前川くん、渡会くん、M1の石坪江梨花さんが発表しました。詳細はこちら
2013/11/12 学会 受賞
理学研究科化学専攻博士課程前期課程1年次石坪江梨花さんが国際会議"The 5th Asian Communications of Glycobiology and Glycotechnology Conference" にて "Young Scientist Program Awardee" に選出されました。立教大学全学ニュースの記事はこちら
2013/11/10〜12 学会
神戸国際会議場で行われた第61回日本ウイルス学会学術集会で、M2のの山藤歩さんが口頭発表し、M1の石坪江梨花さんがポスター発表しました。詳細はこちら
2013/11/5〜6 学会
九州大学医学部百年講堂で行われた第39回反応と合成の進歩シンポジウムで、M1のの細沢拓未くんがポスター発表しました。
2013/10/26 学会
帝京大学薬学部で行われた日本薬学会関東支部第57回大会で、M1のの石坪江梨花さんが口頭発表、B4の藤田侑くんと丸藤友彦くんがポスター発表しました。
2013/10/24 その他
常盤教授が早稲田塾のGood Professorに、”コンピューター創薬のパイオニア”として紹介されました。詳細はこちら
2013/10/14〜18 学会 受賞
タイ王国コンケンにて行われた第5回アジア糖質国際会議(International Conference of 5th Asian Comunications of Glycobiology and Glycotechnology: ACGG)に参加しました。大学院M1年の石坪江梨花さんが光栄にもYoung Scientist Program Awardeeに選ばれました。詳細はこちら
2013/10/08 その他
ホームページのリニューアル以来、10万アクセスを突破しました!
2013/9/10〜13 学会
第12回あわじしま感染症・免疫国際フォーラム(The 12th Awaji Internationa Forum on Infection and Immunity)に参加しました。大学院M1年の石坪江梨花さんがポスター発表しました。詳細はこちら
2013/08/05〜07 学会
大阪国際交流センターにて行われた第32回日本糖質学会年会に参加して、常盤教授が口頭発表し、M1の石坪江梨花さんがポスター発表しました。詳細はこちら
2013/08/04〜05 セミナー
昨年と同様に、星薬科大生体分子有機化学研究室、上智大学有機合成化学グループと一緒に湯河原に合同合宿ゼミに行ってきました。今年から芝浦工業大学システム理工学部生命科学科グループも加わり、より一層にぎやかになりました。詳細はこちら
2013/07/17 その他
大正製薬(株)の大宮工場見学に行ってきました。製造工場および研究所についてご説明をいただきました。詳細はこちら
2013/07/15〜30 研究 セミナー
スペインのサンチャゴデコンポステラ大のProf. Antonio Mourino先生が当研究室をご訪問されました。来日中は立教でのセミナーをはじめ、大阪大学帝京大学、帝人ファーマなどでご講演をされました。詳細はこちら
2013/07/5 研究
北海道大学人獣感染症研究センターを訪問し、共同研究でお世話になっている五十嵐 学先生に研究所や北海道大内をいろいろと御案内いただきました。詳細はこちら
2013/7/04〜05 学会 受賞
北海道札幌の定山渓で行われた日本薬学会医薬品部会シンポジウム創薬懇話会に、M1の石坪江梨花さん、細沢拓未くんが参加しました。その中で細沢くんが優秀ディスカッション賞をいただき、表彰されました。写真はこちら
2013/7/01〜13 セミナー
当研究室M1の中野佑香さんがオランダナイメ―ヘン大のComputational Drugn Designのサマーセミナーに参加しました。写真はこちら
2013/06/03〜06 学会
アメリカボストンで行われたDrug Discovery & Therapy World Congress 2013で、M1の石坪江梨花さん、中野佑香さんがポスター発表しました。写真はこちら
2013/04/01 その他
新大学院生3名、新卒研生5名を迎えて新年度がスタートしました!!
2013/03/28〜30 学会
パシフィコ横浜で行われた日本薬学会第133回年会で、M1の渡會友祐くん、B4の石坪江梨花さん、細沢拓未くんが口頭発表、M1の前川和樹くんとB4の中野佑香さんがポスター発表しました。
2013/03/25 その他
大学院理学研究科の卒業式が行われ、前期課程2年の花田典佳さんが卒業しました。
2013/03/23 その他 受賞
理学部の卒業式が行われ、学部4年生の堀隆典くん、苛原優くん、篠崎真希さんが卒業しました。その中で堀隆典くんは総代に選ばれました。
2013/03/14 その他
ホームページのリニューアルから、1年以内に5万アクセスを超えました。
2013/01/30 研究
共同研究でお世話になっている日本薬大渡邊泰雄先生の『内臓脂肪から落ちていく!えのき茶ダイエット (SHOGAKUKAN)』が発刊されました。 その中の「えのき茶ダイエットのメカニズム」の中で、当研究室の中野さんの研究成果をご紹介いただきました。 詳細はこちら
2013/01/17 研究
沖縄恩納村にある沖縄科学技術大学院大学(OIST)を訪問して、共同研究でお世話になっている田中富士枝先生の研究室を訪問しました。詳細はこちら
2013/01/14〜16 学会
沖縄宜野湾のラグナガーデンズホテルにて行われた2nd Negative Strand Virus Japan (2nd NSV-J)に参加、発表しました。
常盤教授が講演し、石坪江梨花さんがポスター発表しました。詳細はこちら。
2012/11/15〜16 学会 受賞
静岡の日本平ホテルにて行われた薬食国際カンファレンスThe 1st International Conference on Pharma-Food (ICPF 2012)に、B4の中野佑香さんと石坪江梨花さんが参加、発表しました。中野佑香さんが優秀発表賞をいただき、木苗静岡県立大学長より表彰されました。 写真はこちら
2012/10/13 学会
昭和大学薬学部で行われた第56回日本薬学会関東支部大会で、M2の花田典佳さんとM1の山藤歩さん、B4の細沢拓未くんが口頭発表、B4の石坪江梨花さんと中野佑香さんがポスター発表しました。
2012/10/02 研究
共同研究でお世話になっている日本薬科大学医療薬学科長渡邉先生がNHK総合TVの『あさイチ』に出演され、
すご技Q えのきたけ 徹底活用術」の中で、当研究室がその機能発現機構解析に取り組んでいる「エノキタケリノール酸」の効能を紹介されました。詳細はこちら
2012/9/17〜20 学会
鹿児島市民ホールにて行われた第31回日本糖質学会年会で、M1の山藤歩さんとB4の石坪江梨花さんがポスター発表しました。
2012/08/05〜06 セミナー
星薬科大生体分子有機化学研究室、上智大学有機合成化学グループと一緒に湯河原に合同合宿ゼミに行ってきました。
写真はこちら
2012/07/26 学会
大学院博士前期課程1年の山藤さんがスペイン マドリッドでの「26th International Carbonhydrate Symposium(ICS2012)」に参加、発表してきました。 写真はこちら
2012/07/11 セミナー
常盤教授が「MOEフォーラム2012」にて、招待講演しました。
2012/07/04 その他
研究室を志望する学生さんへのメッセージ」を追加しました。
2012/07/03 その他
アドミッションポリシー」を追加しました。
2012/06/05〜09 学会
大学院博士前期課程1年の山藤さんがドイツ ハノーバーでの「GlycoT 2012」に参加、発表してきました。 写真はこちら
2012/06/04 研究
招へい研究員Dr. Karl N. Kirschnerが所属する、ドイツ Fraunhofer SCAI研究所を常盤教授訪問しました。 写真はこちら
2012/04/02 その他
ホームページをリニューアルしました。
2012/04/01 その他
新大学院生3名、新卒研生6名を迎えて新年度がスタートしました!!
2012/03/28 学会
日本薬学会第132年会シンポジウム「酵素は何をしているのか?新世紀の科学が解き明かす分子メカニズム」をオーガナイズしました。
2012/03/23〜24 その他
大学院前期課程2年の酒井美帆さん、伊東祐仁くん、工藤健くん、学部4年生の川瀬咲さんが卒業しました。
2012/02/27 研究 セミナー
立教大学未来分子 研究センター第3回成果報告会を行いました。
2012/02/11〜03/03 研究
ドイツ Fraunhofer SCAI研究所よりDr. Karl N. Kirschnerを招へい研究員としてお招きしました。
2012/02/07,08、および17,18 その他
卒業研究発表および修士の最終試験が行われました。
2011/06/ その他
当研究室の大学院生・酒井美帆さんが、NHK教育テレビ『すイエんサー』の未来に輝く科学者の卵を紹介するコーナー『明日のすイエんサー』に出演しました。

トピックス

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

ご挨拶

情報科学的手法と量子化学理論の急速な発展を背景に、「日本発」の理論化学手法が世界を牽引し、21世紀の新しい創薬の扉を開こうとしています。今や研究室レベルで、新規薬物を高効率に設計・開発するために創薬ターゲットとなるタンパク質の高精度全電子計算が可能となってきています。コンピューターサイエンスになじみが薄い実験的創薬化学者および有機合成化学者にも使い勝手のよいプログラムの整備も進み、大学研究機関だけでなく、創薬に携わるすべてのラボに「理論計算的手法」が導入される日もそう遠くはないと思います。コンピュータ制御された実験装置を使用するのと変わらない感覚で、若い皆さんの手によって新しい手法に基づくin silico解析が実行され、効率的な創薬によって、「日本発」の画期的新薬の開発が行われることを期待しています。

研究室Menu

アドミッションポリシー

研究室を志望する学生さんへのメッセージ

募集

コンタクト

Menu



Place

立教大学理学部


View Larger Map

Access Counter

今日の訪問人数 :

昨日の訪問人数 :

総訪問人数 :