プロフィール

                                          木下康仁   

 研究分野

 エイジングとケアの社会学、life(生命・生活・人生)の社会学
 社会老年学、福祉社会論、医療社会学
 質的研究方法論(特にM−GTA、修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ)

 現職

立教大学社会学部社会学科 教授


 出身地・生年

 1953年山梨県北都留郡小菅村生まれ:奥多摩湖の源流域にある小さな村です。ぜひお訪ねください。


 学歴

 1976年3月 立教大学社会学部社会学科 卒業
 1979年6月  MA Program in Asian American Studies, University of California, Los Angeles (UCLA) 修了
 1984年9月  PhD. Program in Human Development and Aging, University of California, San Francisco            (UCSF) 修了


 学位

 1979年6月 MA in Asian American Studies, University of California, Los Angeles
 1984年9月 PhD. in Human Development and Aging, University of California, San Francisco


 所属学会等

 日本老年社会科学会
 日本保健医療社会学会
 日本社会福祉学会
 日本社会学会
 福祉社会学会
 関東社会学会

編集委員会委員(editorial board member)
 Health Sociology Review, Australian Sociological Association, editorial board member (2003〜2014)
 Qualitative Social Work (Sage Publications) , editorial board member (2002〜2012)


 年最近の社会活動

 町田市地域福祉計画審議会 会長 (2005年2月〜2006年2月)
 町田市地域福祉計画実行委員会 委員長(第一期・第二期・第三期:2006年9月〜2010年12月)


 海外の大学滞在

1988.10-11  visiting professor (invitation), Department of Building Function Analysis, School of              Architecture, University of Lund, Sweden
1998-1999  visiting researcher, Lincoln Gerontology Centre, La Trobe University, Melbourne, Australia
2009年春   visiting researcher, Ageing Research Unit, Australian National University, Cambera, Australia
       (立教大学派遣研究員)
2013年夏   visiting researcher, Department of Social and Welfare Studies, Linkoping University,             Norrkoping, Sweden(立教大学派遣研究員)


 貧乏な留学生活を支えてくれた奨学金−感謝の気持ちをこめて−

 1977-1978  Graduate Fellowship, International Rotary Foundation
 1978-1979  Graduate Fellowship, Institute of American Cultures, University of California, Los Angeles,
 1980-1981  E. R. Anthony Graduate Fellowship, University of California, San Francisco
 1981-1982  Regents' Fellowship, University of California, San Francisco
 1982-1983  Chancellor's Graduate Research Fellowship, University of California, San Francisco。