ご案内

宇宙の誕生、星、太陽系について輝かしい業績を残された故林忠四郎先生が1995年に京都賞を受賞されたのを記念し、各地の大学で講演会が開催されています。平成24年度は立教大学で開催されることになりました。

今回の林忠四郎記念講演会では、佐藤勝彦先生に「素粒子が描く宇宙の誕生と進化」というタイトルで物理学科の学生向けのお話を、また、佐藤文隆先生には「若い時代の林先生」というお話をしていただきます。

日時: 2012年12月18日(火) 16:00-18:45
会場: 立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール
対象: 本学学生・大学院生・教職員・一般
入場無料・事前申し込み不要 (定員150名)

講演会ポスターのダウンロード

理学部の学生・大学院生・教職員を対象として、講演会終了後19時15分から第一食堂にて研究交流会(立食形式の懇親会)を開催します。研究交流会への入場は無料ですが、会場の都合上人数に制限がありますので、学生・大学院生のみなさんはこちらで事前に登録をお願いします(V-CampusIDで要ログイン)。

プログラム

  司会: 小林努 (立教大学理学部准教授)
16:00-16:05 はじめに
  原田知広 (立教大学理学部准教授)
16:05-16:15 挨拶
  家城和夫 (立教大学理学部長)
16:15-17:25 「素粒子が描く宇宙の誕生と進化」
  佐藤勝彦 (自然科学研究機構長・東京大学名誉教授)
17:25-17:35 休憩
17:35-18:45 「若い時代の林先生」
  佐藤文隆 (甲南大学教授・湯川記念財団理事)

主催・共催

主催: 公益財団法人 湯川記念財団
共催: 立教大学理学部