更新日: 2021年 9月 26日  Version 1.0

立教大学社会学部

嶋田美羽のページ






 

◆自己紹介

 嶋田美羽です。神奈川県出身です。社会学がどのような学問なのか知りたくて立教に入りました。サークルでは合唱をやっています。よろしくお願いします。
 このファイルを書き換えて自分のホームページのファイルを作りましょう。



 

◆興味関心分野

 今の興味は女性の社会進出についてです。それに付随するジェンダー格差の問題や、少子高齢化についても興味があります。


 

◆趣味

 私の趣味はピアノを弾くことと、サークルの仲間と一緒に合唱をすることです。服が好きなので雑誌を見たり古着屋を巡ったりすることも好きです。



 

自分の研究テーマに関する文献リスト


バックリー節子.2020.「日本の雇用,社会システムにおける性差別及び人権について」『国際基督教大学学報』, 79-85 石黒久仁子.2015.「デンマークにおける女性の社会進出とその背景」『文京学院大学外国語学部紀要』,15-24 伊藤公雄・牟田和恵.2015.『ジェンダーで学ぶ社会学』世界思想社 加地大輔.2009.「少子化社会に対する女性の社会進出の重要性」香川大学 経済政策研究 第 5 号(通巻第 5 号) 北村香織.2020.「貧困化する女性と働き方改革」三重短期大学生活科学研究会 河野銀子・藤田由美子.2004.『教育社会とジェンダー』学文社 中西裕子.2021.「学校教育における男女共同参画の現状と課題 : 教育選択のジェンダー公正を目指して (学校教育とジェンダー平等)」『NWEC実践研究 (11)』, 6-31 櫻井雅美.2021.「次代を担う子供たちにジェンダー平等を : 「学校における男女共同参画研修」より (学校教育とジェンダー平等)」『NWEC実践研究 (11)』, 168-184 竹信三恵子.2010.『女性を活用する国、しない国』岩波ブックレット 豊田哲也.2020.「1970年代生まれはなぜ結婚しないのか?」『日本地理学会発表要旨集』 , 163 依田奈津子.2007.「少子化時代における未婚化・晩婚化の要因分析」『人間科学研究』, 20-20









College of Sociology, Rikkyo University
3-34-1 Nishi Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo 171-8501 JAPAN

E-mail 19da026f@rikkyo.ac.jp rikkyo.ac jp


****立教大学社会学部 村瀬ゼミのページへ ****

****立教大学社会学部のページへ ****

****立教大学のページへ ****