本文へスキップ

研究設備(主要なもの)

 

レーザー走査顕微分光装置 (Home-made)


                                  
温度制御・真空条件下で単一分子の発光や光アップコンバージョン固体材料の顕微イメージ
などの計測が行える自作装置
光源:ピコ秒パルスレーザー(405, 440, 478, 634 nm)
コックピットのようなPC制御系(右写真)で装置を自在に操ります。

分析装置・光源



紫外-可視分光光度計

溶液中や電極表面上の分子の電子吸収スペクトルの測定に用います。モル吸光係数や溶液濃度の定量評価などにも利用します


蛍光分光光度計

発光スペクトルや励起スペクトルの測定を行います


全反射赤外吸収分光光度計

振動遷移に基づく赤外吸収スペクトルの測定に用います。表面に吸着した分子の吸着状態について評価を行います



電気化学アナライザー

溶液中や電極表面上における分子の酸化還元電位の評価に用います


ソーラーシミュレーター

太陽電池の変換効率の評価に用います


アルゴンイオンレーザー(488 nm)

光電流顕微計測装置と組み合わせて用いています
励起光偏光回転とデフォーカス
イメージングを行う装置

単一分子の遷移モーメントに関する情報の取得や3次元立体配向決定を行います。

IPCE測定装置
(developed by Y. Hiroguchi)
太陽電池デバイスに入射した光子が電流に変換される効率(= IPCE)を
入射光の各波長ごとに評価します


ダイオードレーザー
640 nm(CUBE)

出力 40mW のCWレーザー
単一分子計測で用います。


ps-パルスレーザー
405 nm

単一分子計測や溶液中での発光寿命測定で用います。


ダイオードレーザー
405 nm(OBIS)

出力 100 mW のCWレーザー
単一分子計測で用います。




532 nm レーザー

出力 50 mW のCWレーザー
顕微計測で用います。



励起光偏光回転とデフォーカス
イメージングを行う装置

単一分子の遷移モーメントに関する情報の取得や3次元立体配向決定を行います。


IPCE測定装置
(developed by Y. Hiroguchi)
太陽電池デバイスに入射した光子が電流に変換される効率(= IPCE)を
入射光の各波長ごとに評価します


ダイオードレーザー
640 nm(CUBE)

出力 40mW のCWレーザー
単一分子計測で用います。


光アップコンバージョン計測装置1号機

光アップコンバージョンに関わる様々な光物理特性の計測が可能です。

試料作製関連機器



ドラフトチェンバー
有機溶媒などを取り扱う際
に用います


真空蒸着装置

Au, Agなどの金属薄膜電極の作製
に用います


スピンコーター
薄膜作製などで大いに活躍します


乾燥器

洗浄したガラス器具やセルなどを
乾燥させます



オートドライデシケーター

湿気を嫌う試薬・光学部部品を保存します




膜厚精密計測器

1μm程度の厚みを簡易的に
測定できます


液体窒素デュアー

数週間ほど液体窒素を保存できます


超純水製造装置

比抵抗 18.2MΩ・cmの
超純水を製造します


試料保存冷蔵庫
様々な試料を冷却保存します


精密電子天秤


超音波洗浄器

ガラス器具の洗浄などに用います


電気炉

酸化物半導体の焼結などに用います


陽圧作業ボックス
試料作製環境をクリーン
に保ちます


デジタルマイクロシリンジ

注入量・注入速度を正確に制御し、
再沈殿を行えます


真空デシケーター

Air sensitiveな試料の
保管に使用します
 

加熱還流システム
無機ペロブスカイトナノ結晶の合成
に使用します。


グローブボックス

Air sensitiveな試料の保管や取り扱いに用います。太陽電池の作製等で活躍します。
  

乾燥機 x4

実験室を低湿度に保つことで、試料作製時における湿度の影響や光学系への影響を抑制します。


クラスター精密合成・分離システム
貴金属クラスターの液相合成し、電気泳動法やHPLCによって
   サイズ毎の精密な分離を行います。


遠心分離機
(大山研との共同利用)
試料に対して強い遠心力をかけることにより、
その試料の構成成分を分離・分画します。

未来分子研究センター共通設備(良く使用するもののみ)


エレクトロスプレーイオン化
飛行時間型質量分析器(JMS-T100LP)

液相合成したナノ物質を高感度に質量分析します。

バナースペース