午後の部 <共通論題>13051655 
                        
       
 8号館28201教室

<グローバリゼーションと新興国経済>

 新興国経済が世界経済の現局面における焦点となっている。金融主導のグローバリゼーションが破綻したかに見えるこの局面で、なぜ新興国依存状況が浮上したのかという問題を検討、解明したい。この12年で「デカップリング」への期待が消滅し、そして再浮上してきた。その解明には、より長期の視点が求められよう。まず、グローバリゼーションの中で新興国(BRICs等)はどのように位置づけられてきたのか。次いで、NIEs登場期とBRICs登場期の時代背景の相違は何だったのか。また、巨大市場と豊富な資源が注目されるが、そもそも過剰人口は貧困の原因であり資源依存は発展への阻害要因とされてきたのではないか。新興国の内需振興は資産バブルを生まないのか。新興国経済への依存と低炭素社会への展望は、どのように両立しるのか。多くの疑問への解を求め、グローバリゼーションの転換点における新興国経済論、あるいは新興国経済から見たグローバリゼーション論の展開を期待したい。

座長 田中素香(中央大学)/櫻井公人(立教大学)

開会                                                          13:05

報告1 平野克己(アジア経済研究所)       13101340

「露出するグローバリゼーション
  ―いまアフリカでなにが起こっているか」
要旨

報告2 田中宏(立命館大学)                     13401410
 「グローバリゼーションとEU新加盟国の金融・経済危機
  
中東欧地域における危機の諸要因とそれへの対応」

報告3 小島眞(拓殖大学)                         14101440

「グローバリゼーションとインド経済の台頭
  ―東アジアとは異なる発展パターン―」
要旨

 

ブレイク                                                    14401500

 

討論1 木村福成(慶應義塾大学)              15001510

討論2 矢野修一(高崎経済大学)              15101520

討論3 山崎圭一(横浜国立大学)              15201530

 報告者リプライと全体討論                     15301650

閉会の辞 馬田啓一(杏林大学)                  1650