学校的社会化研究プロジェクト

学校的社会化研究プロジェクト

学校的社会化研究プロジェクトの目的

 「学校的社会化」とは、「小さき存在が<児童>になる過程」というほどの意味ですが、本研究プロジェクトは、この言葉をキーワードに共同研究を展開することで、<児童>という存在様態の特殊性を明らかにすることを目的としています。
 「学校化(schooling)」と「社会化(socialization)」は、それぞれによく知られた言葉ですが、「学校的社会化」という言葉は、それら二つの言葉を手がかりにして私達が考えた造語です。英語では、二つの言葉を合体させて「schooling socialization」と表記したいところですが、こうした言葉は英語圏でもほとんど使われていないようです。その意味では、新しい言葉を作ることで新しい研究分野を切り拓くことを目指しているとも言えますが、そうした私達の試みにどれほどの意義があるかは、このホームページを訪ねてくださったみなさまの評価にゆだねたいと思います。

お知らせ

2020.12.01
「学校的社会化研究プロジェクト」(科研費共同研究:代表 北澤毅)のウェブサイトを公開いたします。なお「研究成果」欄ですが、最新の科研報告書(2019年4月刊行)と共同研究メンバーの関連業績の一部についてはリンクも設定いたしました。また今後、本研究プロジェクトに関連する研究会などのご案内もさせていただく予定でおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

学校的社会化研究プロジェクト
科研費共同研究(代表:北澤毅)

Copyright © 学校的社会化研究プロジェクト
トップへ戻るボタン