社会デザイン研究所HOME >   研究所の活動 >   文化芸術推進事業(平成27年度夏期集中講座)

研究所の活動

文化芸術推進事業(平成27年度夏期集中講座)

更新:2015.09.02

事業名平成27年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業
劇場法の要請に応える、公共ホールスタッフのための社会デザイン力養成講座
――地域コミュニティ、共生社会、絆を生みだす場所と事業のマネジメントを学ぶ――
「公共ホールのつくり方と動かし方を学ぶ2015」  夏期集中講座

「公共ホール」とは、どのような場所でしょうか。 大人数を収容できる集会所の役割を持つホール。より専門的な機能を持つ音楽ホールや演劇ホール。独自のプログラムを企画しているホール。地域の子どもたちが遊びにくるホール。たくさんある「公共ホール」を、ひとくちに定義することはできません。 「公共ホールのつくり方と動かし方を学ぶ」集中講座では、これからの公共ホールの多様な“可能性”と、そこでの“専門人材”のあり方を社会デザインという視点から考えます。
昨年度、夏は立教大学、冬はいわき芸術文化交流館アリオス(福島県いわき市)にて開催し好評を得た集中講座を、今年も開講します。 現在活動しているホールや、これから設置や改修を予定している新しいホールに関わっている関係者の方、そして「明日の公共ホール」に関心を持つ方々の参加をお待ちしています。

H27夏期講座チラシPDF

 <=「文化芸術推進事業」の最新情報はこちら


概  要

【夏期集中講座】

【冬期集中講座】

【公開シンポジウム】

日程:2015年年7月21日(火)~23日(木)
会場:立教大学 池袋キャンパス ※終了いたしました。
日程:2016年1月28日(木)~30日(土)
会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
日程:2016年1月31日(日)
会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
   ※公開シンポジウムは入場無料
主催 立教大学 社会デザイン研究所
協力 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
いわき芸術文化交流館アリオス
NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)
久留米シティプラザ ※平成28年開館予定
茅野市民館 指定管理者 地域文化創造
問合せ 立教大学社会デザイン研究所 文化芸術推進事業事務局(担当:川口、藤田、森田)
Mail: hall-koza@rikkyo.ac.jp
Tel: 03-3985-4893  Fax: 03-3985-4725

夏期集中講座詳細

「公共ホールのつくり方と動かし方を学ぶ2015」夏期集中講座では、これからの公共ホールの多様な“可能性”と、そこでの“専門人材”のあり方を社会デザインという視点から考えます。また、長野県・茅野市の「茅野市民館」を題材として、ホールのハード・マネジメントへの見識を深めるとともに、これからの公共ホールづくりに生かせるスキルを身につけます。

日程 2015年7月21日(火)~23日(木)
会場 立教大学 池袋キャンパス
募集定員 30名
応募締切 2015年7月10日(金)
受講対象者 これからの公共ホールに関心をもつ方(ホール制作者、舞台芸術実演家、自治体職員、建築家、コンストラクション・マネジメント等建築関係者、それぞれの志望学生等)
受講料 夏期集中講座 9,000円(全10講座:3日間)
研修制度 宿泊を必要とする受講生(東京・埼玉・神奈川・千葉からの参加者を除く)に、旅費と宿泊費を補助する研修制度を設けています。 詳しくは、事務局までお問合せください。
申込方法 お名前・所属・ご連絡先を明記の上、メール又はファックスにてお送りください

講師 ※五十音順

天羽麻里子
(小金井 宮地楽器ホール[小金井市民交流センター]館長)
伊藤裕夫
(日本文化政策学会会長、立教大学21世紀社会デザイン研究科兼任講師)
片山正夫
(立教大学特任教授、公益財団法人セゾン文化財団常務理事)
佐藤信
(劇作家、演出家、杉並区立杉並芸術会館「座・高円寺」芸術監督)
鹿野安司
(建築家、写真家)
高宮知数
(立教大学社会デザイン研究所研究員、久留米シティプラザオープニング・ディレクター)
辻野隆之
(茅野市民館ディレクター・茅野市民美術館長、株式会社地域文化創造代表取締役社長)
中村陽一
(立教大学21世紀社会デザイン研究科教授、社会デザイン研究所所長)
西田司
(建築家、東京大学非常勤講師)
古谷誠章
(建築家、早稲田大学教授)
矢野森一
(舞台監督)
日時・会場 講座内容
7月21日(火)
7月22日(水)
各日13時~18時
立教大学
池袋キャンパス
4号館別棟4151教室

【社会デザイン力養成講座「アート・マネジメントと社会デザイン」】
社会デザインの大学院入門レベルの講座から、先駆的な活動をしている公共ホール実務者の講座を通して、公共ホールに求められている社会デザイン力を身につけます。

7月23日(木) 13~18時
立教大学
池袋キャンパス
太刀川記念館
【劇場ハード・マネジメント力養成講座「公共ホールのハード・マネジメント」】
2005年に開館した長野県・茅野市の「茅野市民館」を題材として、ホール計画段階から開館に至るまでの軌跡を学び、ホールのハード・マネジメントへの見識を深めます。

ページの先頭へ