社会デザイン研究所HOME >   研究員紹介 >   高宮 知数(研究員)


研究員紹介

研究員紹介

更新:2018.4.16

高宮 知数 (研究員)(たかみや ともかず)

高宮知数
研究所入所2013年7月
生年月日1959年1月
現在の職業株式会社ファイブ・ミニッツ代表取締役
久留米市 参与
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科兼任講師
座・高円寺 劇場創造アカデミー講師
学 歴早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了

プロフィール

マーケティング・プロデューサー/プロジェクト・マネージャー
広告代理店・日放株式会社(現:株式会社TBWA\HAKUHODO)マーケティング局、商業劇場シアターアプル劇場プロデューサーを経て、89年4月独立。自動車、IT、住宅、食品、金融等様々な企業のマーケティング戦略、商品開発、業態開発、ブランディングを手掛けるとともに、自治体や海外地方政府による地域振興、再開発事業、観光事業、博覧会、集客施設づくり等におけるマーケティング/コンサルティングにも関わる。
国立市・くにたちスポーツ文化振興財団顧問、JETORO・上海万博日本政府館ライブショー総合演出補佐等を担当し、現在は福岡県久留米市・(仮称)久留米市総合都市プラザ市長アドバイザーを務めている。
日本プロジェクト・マネジメント協会登録プロジェクト・マネジメント・スペシャリスト

研究内容

インクルーシブキャンパスタウン研究会(略称ICT研究会)
大学が核となり、地域連携、多世代間交流、産学公民連携等の取り組みによって、social inclusionを実現するまちづくり=inclusive campus town(仮称)についてその可能性と実現のための課題等についての検討を行う。内外の先行事例を検証するとともに、豊島区を想定した具体的モデルづくりを目指している。研究代表:中村陽一所長

ページの先頭へ