社会デザイン研究所HOME >   研究員紹介 >   淺野 麻由(研究員)


研究員紹介

研究員紹介

更新:2020.5.01

淺野 麻由 (研究員)(あさの まゆ)

淺野麻由
研究所入所2020年4月
現在の職業映像ディレクター
学 歴青山学院大学 経済学部 卒業
青山学院大学大学院 経済学研究科 経済学専攻 博士前期課程 単位取得退学
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 比較組織ネットワーク学 専攻 博士前期課程 修了 修士(社会デザイン学)
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 比較組織ネットワーク学 専攻 博士後期課程 修了 博士(社会デザイン学)

プロフィール

NHKのドキュメンタリー番組を中心に、国際共同制作やCMなども含め100本以上の映像制作を行う。また、報道番組のディレクターとして、報道ステーション(テレビ朝日)、週刊ニュース深読み(NHK総合)を担当。受賞作は、日本コカ・コーラ『アクエリアス』(2014)第67回広告電通賞「テレビ・飲料部門」優秀賞、第53回消費者のためになった広告コンクール「テレビ16秒以上」銅賞。NHK総合『病院ラジオ』(2019)第56回ギャラクシー賞「テレビ部門」選奨、NHK-World『Fukushima Mothers』(2019)第23回アジア・テレビ賞「社会意識番組部門」最優秀賞。 ドキュメンタリー番組が近年減少していくことを危機とし、博士論文では「ドキュメンタリー番組の社会的影響力」の研究を執筆。現在、映像制作者、メディア研究者として活動を行う。

研究内容

研究所内で「メディア研究会」を立ち上げ、「研究機関」と「マス・メディア」が連携し、社会課題を捉えるシステムの構築を実践・研究を行う。また、社会的意義の高いテレビ番組を、市民の行動変容につなげるため、「研究機関」と「教育機関」、「NPO法人」との連携を行う。

ページの先頭へ