社会デザイン研究所HOME >   研究員紹介 >   田中 泰恵(研究員)


研究員紹介

研究員紹介

更新:2020.6.26

田中 泰恵 (研究員)(たなか やすえ)

田中泰恵
研究所入所2020年5月
現在の職業目白大学社会学部社会情報学科 教授
消費生活アドバイザー、消費生活専門相談員
学 歴中央大学商学部会計学科卒業
日本女子大学家政学部通信教育課程食物学科卒業
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了

プロフィール

大学卒業後、信用金庫に勤務。支店業務、人事部研修・採用業務に従事。 退職後、家政学を学び、消費生活アドバイザー、消費生活専門相談員の資格取得。 その後、目白学園女子短期大学生活科学科、目白大学社会学部社会情報学科助手・非常勤講師、および内閣府市民活動促進課NPO室相談員(部外協力者)等に勤務。准教授を経て現職。

研究内容

社会デザイン教育研究会所属
自身は、学部学生の授業やゼミを通して、また学生の自主活動に関与しながら、消費者教育(特に最近はエシカル消費に関する教育)の研究や実践に取り組んでいる。私たちの消費行動が社会に与える影響は大きく、消費者教育は社会デザイン教育の一部であると考える。研究会では、大学の学部における社会デザイン教育について、広い視野で調査・研究し、教育モデル立案に取り組みたい。

ページの先頭へ