社会デザイン研究所HOME >   研究員紹介 >   細川 あつし(研究員)


研究員紹介

研究員紹介

更新:2019.5.17

細川 あつし (研究員)(ほそかわ あつし)

ほそかわ あつし
研究所入所2016年1月
生年月日1956年
現在の職業

跡見学園女子大学 マネジメント研究科 マネジメント学部 教授
立教大学21世紀社会デザイン研究科 客員教授
一般社団法人従業員所有事業協会 代表理事(http://www.jeoa.org/
株式会社コア・ドライビング・フォース 代表取締役社長(http://www.cdforce.co.jp/

学 歴慶應義塾大学商学部卒業
立教大学21世紀社会デザイン研究科前期課程博士課程修了 社会デザイン学修士
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士後期課程修了 社会デザイン学博士

プロフィール

 多くのグローバル・ブランド・ビジネスに携わり、日英合弁企業を立ち上げ社長CEOをつとめました。が、時流との追いつ追われつを繰り返し、人の欲望を喚起するばかりの現代のビジネスの有様に苦しみました。
 人びとが幸せに携われる事業を模索する中でコーオウンド・ビジネス(従業員所有事業)に出会い、研究と調査に没頭しました。
 コーオウンド・ビジネスは日本では新しいコンセプトですが、米国では民間雇用の10%を担い、英国GDPの4.5%を創出する力強いモデルです。利益性、持続性ともに高く、社員がハッピー。事業承継の第三の道としても大きな潮流となっています。
 仲間たちとともに日本の法制・税制化での企業のコーオウンド化スキームを開発、現在企業のコーオウンド化指導を実践しています。
 また一般企業やエシカル・ビジネス企業の経営顧問活動に従事し、上記2大学・大学院でエシカル・ビジネス論、コープレート・ガバナンス、フィランソロピー、CSR、経営戦略などの講義・ゼミを担当しています。


著書
『コーオウンド・ビジネス―従業員が所有する会社』(築地書館)
『半市場経済―成長だけでない「共創社会」の時代』(共著:角川新書)

趣味
バンド、たき火、ぼーっとすること。

研究内容

コーオウンド・ビジネス研究会
 従業員が自ら働く会社の大株主になる「しあわせなビジネス・モデル」コーオウンド・ビジネスの日本初で唯一の研究会。経営者、研究者、ビジネス・パーソン、一般の方など多様な参加者とともに「しあわせ」「分かち合い」の資本主義を探求します。

ページの先頭へ