社会デザイン研究所HOME >   研究員紹介 >   斉藤 祐子(研究員)


研究員紹介

研究員紹介

更新:2019.6.19

斉藤 祐子 (研究員)(さいとう ゆうこ)

斉藤祐子
研究所入所2019年7月
生年月日1969年2月
現在の職業 独立系コンサルタント
学 歴 慶應義塾大学経済学部卒業
ハーバード大学経済学修士(MBA)修了

プロフィール

ソニー、トランスコスモス、ディズニーなど日系や外資の大企業やスタートアップでIT・コンテンツ分野におけるグローバルな事業開発や投資を経験。 直近のCriteo(デジタル広告)では現法社長として東南アジア9カ国でゼロから事業立ち上げ事業を急拡大させた。

幼少期、駐在含め4カ国18年におよぶ海外生活の中でマイノリティや多様性について向き合うことが多く、 インクルーシブな社会の構築に興味を持つに至る。また技術革新に伴う社会変化の早さに伴い社会格差が更に拡大する中、 コミュニティを通じておいてきぼりの人を減らす取り組みに関わる。

研究内容

技術革新に伴い社会が激変する中、変化に対応できる教育や、新たな(仕事を含めた)ライフスタイルやコミュニティのあり方を研究。
研究チームDIAGRAM所属。

ページの先頭へ