社会デザイン研究所HOME >   研究員紹介 >   山崎 宇充(研究員)


研究員紹介

研究員紹介

更新:2019.6.19

山崎 宇充(研究員)(やまざき うじゅう)

山崎宇充
研究所入所2019年7月
生年月日1967年6月
現在の職業東京メトロポリタンテレビジョン株式会社
常務取締役 管理本部兼放送本部 本部長
学 歴立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了 (社会デザイン学)

プロフィール

IT、メディア企業で役員を歴任し、独立。
独立後は、企業再生、新規事業開発、IPO支援などに従事する。
12年前から地方活性化、地方創生など地方自治体や企業からの委託を受け、イベントの立ち上げや“食゛のブランディングに関わる。

<過去活動実績>
三浦市  ロックの学園(廃校を使った音楽イベント)
尾道市  ツール・ド・いくちじま(瀬戸内海 サイクリングイベント)
香取市  インバンド実験(4カ国を対象にしたインバンド戦略事案)
志摩市  食の創生委員(地域色の新たな可能性評価)       など

修士論文では、都会から地方へ移住する若者の行動心理について執筆。

現在は、東京メトロポリンタンテレビジョン株式会社にて、東京都民に向けた新たな情報発信を検討中。
その他、中学生硬式野球チーム 新宿リトルシニア 協会会長として、野球を愛する中学生とその保護者と共に大きな夢に向けて奮闘中!!

研究内容

多様性社会の中で起こる様々なテーマを提起し、過去の事象から新たに起こる問題や課題を予測、 その課題が、今後どのような影響を及ぼし、他の問題や課題と融合していくかなど、社会デザイン学+未来学の アプローチから研究。 研究チームDIAGRAM主宰。

ページの先頭へ