社会デザイン研究所HOME >   研究員紹介 >   柳谷 典子(研究員)


研究員紹介

研究員紹介

更新:2019.7.31

柳谷 典子(研究員)(やなぎたに のりこ)

柳谷典子
研究所入所2019年7月
生年月日1975年5月
現在の職業 日本ペイントホールディングス株式会社 経営企画本部 ROOMBLOOM推進グループリーダー
学 歴 神戸松蔭女子学院大学 英語英米文学部 英語英米文学科卒業
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科比較組織ネットワーク学専攻修士課程修了

プロフィール

大手化学メーカーで役員秘書業務に15年間従事の後、同社で初となるBtoC新規事業を立ち上げ、 ブランディング等企画・マーケティング業務に携わっている。企業勤務経験と現在の日本企業における女性活躍推進施策などの状況から、 企業におけるダイバーシティ推進について関心を抱き、女性の生き方や価値観が多様化する中、 子供のいない中年期の働く女性が内に閉じ込めている社会との間にあるギャップや関わり方ついてライフストーリーによる質的研究を行い、現在も継続中。

研究内容

「Women’s Future Lab」はキャリア、働き方、ライフスタイルや家族の有り様など背景が全く異なる女性の研究者が集まり、 現代女性の人生の選択や価値観において垣間見える、女性に対してこれまでに積み上がってきた社会課題を、女性だけの課題ではなく社会全体の課題ととらえ、 質的研究を通して新たな考察を加えることにより、女性の生き方を「語り」を通して新しい意味付けを行い、 個人と社会の関わりをより豊かにしていくことを目指し研究するグループ。 特に「語り」がもたらす意味付けに注目し、個人のライフストーリーを通して、日本社会が見過ごしてきた本質的な課題に向き合うこと、 そのために対話やライフストーリーを社会に実装する方法論の確立を目指している。

ページの先頭へ