論文(査読有り)

学術誌

  • 宮川えりか・小口孝司 (2020). 海外修学旅行がもたらす心理的効果 -高校生修学旅行者を対象とした縦断的質問紙調査から- 日本国際観光学会論文集 27, 73–81.
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. (in press). Happy memories: Improved subjective happiness through vacation recollection Tourism Analysis.WEB
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2019). Recovery experiences during vacations promote life satisfaction through creative behavior Tourism Management Perspectives, 30, 240-250.WEB
  • Miyakawa, E., Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2019). Do People Who Travel More Perform Better at Work? International Journal of Tourism Research, 21, 427-436.WEB
  • Kawakubo, A., Bryant, B. F., Miyakawa, E., & Oguchi, T. (2019). Development and Validation of the Japanese version of the Savoring Beliefs Inventory (SBI-J). Journal of Positive Psychology and Wellbeing, 3, 119-136.WEB
  • Miyakawa, E., Jose, E. P., Bryant, B. F., Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2019). The Reliability and Validity of the Japanese Version of the Ways of Savoring Checklist (WOSC-J). Journal of Positive Psychology and Wellbeing, 3, 77-98.WEB
  • Kawakubo, A., Kasuga, H., & Oguchi, T. (2017). Effects of a short-stay vacation on the mental health of Japanese employees. Asia Pacific Journal of Tourism Research, 22, 565-578. WEB
  • 川久保惇・林田明子・小口孝司 (2016). ネイルケアが女性の心理に及ぼす影響 ビューティビジネスレビュー, 14, 13-22.
  • 川久保惇・小口孝司 (2015). 余暇における他者との交流が主観的幸福感および抑うつに及ぼす影響 ストレス科学研究, 30, 69-76.WEB
  • 川久保惇・小口孝司 (2015). メンタルヘルス・ツーリズムとしての短期旅行が従業員の精神的健康に及ぼす影響 日本国際観光学会論文集, 22, 189-195.WEB
  • 中島実穂・森正樹・小口孝司・丹野義彦 (2014). 反芻・省察を変動させる対人ストレスイベントの種類 パーソナリティ研究, 23, 101-104.
  • Io, M., & Oguchi, T. (2014). Chinese immigrants’ psychological well-being and homeland visit, Tourism Analysis, 19, 227-232.
  • 大嶋玲未・福場美貴・小口孝司 (2014). 組織管理者が若年従業員の組織市民行動に及ぼす影響:奉仕型リーダーシップの促進的効果と信頼性の媒介効果 産業・組織心理学研究, 28, 3-13.
  • 雜賀玲衣・小口孝司 (2014). 日本およびマカオ在住移民の母国訪問が精神的健康に及ぼす影響の比較検討 日本国際観光学会論文集, 21, 27-33.WEB
  • 大嶋玲未・廣川佳子・小口孝司 (2014). 神経症傾向が職務満足感と組織市民行動に及ぼすネガティブな影響を軽減するセルフ・モニタリング パーソナリティ研究, 22, 262-272.
  • 落合勉・小口孝司 (2013). 日本語版 TALE 尺度の作成および信頼性と妥当性の検討 心理学研究, 84, 508-514.WEB
  • Oguchi, T., & Harashima, M. (2009). Effects of self-efficacy and priming of strategies on task perform. Progress in Asian Social Psychology, 7, 491-504.
  • 花井友美・小口孝司 (2008). Eメールの交換過程における感情表現の出現パターン:テキスト・マイニングを用いた分析 社会心理学研究, 24, 131-139.WEB
  • Hanai, T. & Oguchi, T. (2008). Features of hotel information in promotion of reservation through Internet: What kinds of hotels are popular in Shinjuku? Asia Pacific Journal of Tourism Research, 13, 33-40.WEB
  • Hanai, T., Oguchi, T., Ando, K., & Yamaguchi, K. (2008). Important attributes of lodgings to gain repeat business: A comparison between individual travels and group travels. International Journal of Hospitality Management, 27, 268-275.WEB
  • 原島雅之・小口孝司 (2007). 顕在的自尊心と潜在的自尊心が内集団ひいきに及ぼす効果 実験社会心理学研究, 47, 69-77.WEB
  • 日向野智子・小口孝司 (2007). 学級集団内地位とパーソナリティ特性からみた対面苦手意識 実験社会心理学研究, 46, 133-142.WEB
  • 八城薰・小口孝司・王豔平・孫麗平 (2005). 個人性初始風景與心理差異對旅遊地選擇偏好的影響 人文地理, 20, 81-85.
  • 花井友美・小口孝司 (2005). 過去の孤独感経験が現在の親和動機・社会的スキルに及ぼす効果 実験社会心理学研究, 44, 62-70.WEB
  • 松島久美子・清水誠・小口孝司 (2005).宿泊予約サイトにおける利用頻度・評価と口コミとの関連 日本国際観光学会論文集, 12, 71-74.
  • 八城薫・小口孝司 (2003). 観光地選好に及ぼす個人的原風景と心理的個人差 観光研究, 15(1), 27-33.WEB
  • 小口孝司・八城薫 (2003). グリーン・ツーリズムへの参加を規定する社会心理学的要因 観光研究, 14(2), 27-36.WEB
  • 日向野智子・小口孝司 (2003). ハーディネスからみた管理職適性 産業・組織心理学研究, 16, 87-95.
  • 日向野智子・小口孝司 (2002). 対人苦手意識の実態と発生メカニズム 心理学研究, 73, 157-165.WEB
  • 前島芳名子・小口孝司 (2001). 父母の不和が子どもの自尊心、情緒安定性ならびに攻撃性に及ぼす影響 ―父は情緒に、母は行動に―  家族心理学研究, 15, 45 - 56.
  • 山口一美・小口孝司 (2001). 旅館客室係の評価を規定する心理学的要因: スマイル、アイコンタクト、パーソナリティからの検討 観光研究, 12, 9-18.WEB
  • 山口一美・小口孝司 (2000). サービス産業における採用および就労満足に関連するパーソナリティ 社会心理学研究, 16, 83-91.WEB
  • 小口孝司・安藤清志・長縄久生 (1998). 対人サービス業におけるパーソナリティ 産業・組織心理学研究, 11, 3-13.
  • 小口孝司 (1998). 組合員からみた労働組合の魅力 日本労働研究雑誌, 457, 61 - 74.
  • 山口一美・小口孝司 (1998). サービス産業におけるスマイル研究の展望 産業・組織心理学研究, 11, 3-13.
  • Schneider, I. E., Lankford, S. V., Oguchi, T. (1997). The cross-cultural equivalence of the TIAS: Summary results. Annals of Tourism Research, 24, 994-998.WEB
  • Oguchi, T., & Kikuchi, H. (1997). Voice and interpersonal attraction. Japanese Psychological Research, 39, 56-61.WEB
  • 小口孝司 (1992). 音環境が自己開示に及ぼす効果 実験社会心理学研究, 32, 27-33.WEB
  • Oguchi, T. (1991). Goal-based analyses of willingness of self-disclosure. Japanese Psychological Research, 33, 180-187.WEB
  • 小口孝司 (1991). 母親の自己開示と養育態度が子どもの自己開示と適応に及ぼす効果 社会心理学研究, 6, 175-183.WEB
  • 小口孝司 (1990). 自己開示動機に関する基礎的研究 応用心理学研究, 15, 29-38.
  • 小口孝司 (1990). 聞き手の「口の軽さ」と「聞き上手さ」が開示者からの開示と好意に及ぼす効果 心理学研究, 61, 147-154.WEB
  • 小口孝司 (1990). 聞き手の集団内地位が開示の動機の推定に及ぼす効果 実験社会心理学研究, 30, 35-40.WEB
  • 沼崎誠・小口孝司 (1990). 大学生のセルフ・ハンディキャッピングの2次元 社会心理学研究, 5, 42-49.WEB
  • 小口孝司 (1989). 開示者のパーソナリティについての開示者・受け手による判断の一致度と開示動機との関係について 心理学研究, 60, 224-230.WEB

国際学会発表論文

  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2019). Effects of memorable tourism experiences on well-being via daily recovery experiences 25th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 251-264.
  • Miyakawa, E., & Oguchi, T. (2019). Family touism elevates children's skill and parent's well-being. 25th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 197-207.
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2018). What promotes happiness of vacationers? 24th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 701-715.
  • Miyakawa, E., & Oguchi, T. (2018). Does savoring Tourism experience affect personal development? 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 7-11.
  • Kawakubo, A., Yamaguchi, K., and Oguchi, T. (2017). Effects of recovery experiences during vacation on Japanese employee. 23th Asia Pacific Tourism Association Conference Proceedings, 562-564.
  • Pearce, P., Oguchi, T., Wu, M., Mohammadi, Z. (2016). International studies in savoring; Coding recollections of intensely remembered tourism experiences. 6th International Tourism Studies Association Biennial Conference Proceedings, 276-277.
  • Kawakubo, A., Kasahara, Y. & Oguchi, T. (2016). The effects of school excursions on subsequent travel experience and generic skills. 6th International Tourism Studies Association Biennial Congress Proceedings, 218-219.
  • Miyakawa, E., & Oguchi, T. (2016). The effect of nostalgic scene and personality traits on tourist destinations. 6th International Tourism Studies Association Biennial Conference Proceedings, 266-267.
  • Hanai, T., & Oguchi, T. (2016). Where do Stressed People Prefer Travelling to: Rural Resorts or Urban Resorts? 6th International Tourism Studies Association Biennial Congress Proceedings, 51-64.
  • Miyakawa, E., Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2016). Effects of travel experiences on job performance in a Japanese company. 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 115-123.
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2016). Effects of travel and its recollections on subjective happiness. 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 106-114.
  • Hanai, T., Kawakubo, A., & Oguchi, T. (2016). Does talking on social networking services about vacation experiences contribute to subjective well-being? 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 366-372.
  • Yamaguchi, K., & Oguchi, T. (2016). Effects of management commitment and job satisfaction oemployees’ depression and interpersonal service. 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 373-375.
  • Kawakubo, A., Kasuga, M., Itao, K., Komazawa, M., and Oguchi, T. (2015). Effects of short-stay vacation on the mental health of Japanese employees. 21st Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 351-360.
  • Kawakubo, A., Abe, K., Sekiguchi, Y., & Oguchi, T. (2014). The effect of the edutainment theme park ‘KidZania’ on career consciousness. 20th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings. (10 pages)
  • Oguchi, T., Abe, K., Sekiguchi, Y., & Saiga, R. (2013). Effectiveness of an edutainment themepark in “KidZania” improves children’s career consciousness. 19th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings.
  • Oguchi, T., Saiga, R., & Io, M. Y. (2013). The effects of visiting homelands on immigrants’psychological well-being. 19th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings.
  • Takeda, H., Momose, H., & Oguchi, T. (2013). Effects of vacation preference and images ofsimilar scenery on stress recovery. Proceedings of TOSOK International Tourism Conference.
  • Oguchi, T. & Hirokawa, K. (2012). Group tour influences tourists’ satisfaction. 2nd Advances inHospitality and Tourism Marketing & Management Conference Proceedings.
  • Oguchi, T., Abe,K., Ohshima, R. and & Hirokawa,K. (2012). Giving confectionary souvenirs makes touristshappy. 18th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 584.
  • Ohshima, R., Hirokawa, K., & Oguchi, T. (2011). Effects of specific activities and achievement motivation of tourists on stress reduction. Blurring the Boundaries: Forging Cooperation Towards Sustainability in Regional Tourism. Proceedings of 17th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, 130-137.
  • Takeda, H., Motoki, K., & Oguchi, T. (2011). Effects of an excursion on mental health. The 2011 TOSOK International Tourism Conference Proceedings, (10 pages in the CD-ROM).
  • Hanai, T., & Oguchi, T. (2009). How do consumers perceive the reliability of online shops? Cyberpsychology: Journal of Psychosocial Research on Cyberspace, 3, 6.
  • Oguchi, T., Harashima, M., Kouda, H. (2009). Fade out phenomena of summer vacation on mental health. Emerging Tourism & Hospitality Trends, 258-261.
  • Harashima, M., Miura, Y., Takeda, H., Sato, M., Shioda, S., Ohe, Y., Ohira, E., & Oguchi, T. (2008). Investigation of effectiveness of mental health tourism. Tourism & Hospitality in Asia Pacific.
  • Hanai, T., Shioda, S., Yashiro, K., & Oguchi, T. (2008). Examination of predictors of lodging reservation cancellation on travel web sites. Tourism & Hospitality in Asia Pacific, 112-119.
  • Oguchi, T., Shiota, S. & Matsuura, A. (2008). Mental health tourism: It's background and Concept. Tourism & Hospitality in Asia Pacific, 433-437.
  • Oguchi, T. & Watanabe, K. (2007). “Why” makes travel, “How” induces packing. Coming of the Asian Waves (Tourism & Hospitality: Education & Research)
  • Hanai, T., Miura, Y., Harashima, M., & Oguchi, T. (2007). Impact of the inspection of the onsen websites on hope of visiting, recommended hope, and spot images. Coming of the Asian Waves (Tourism & Hospitality: Education & Research)
  • Miura, Y., Hanai, T., Harashima, M., & Oguchi, T. (2007). Motivation and stress reduction among travelers. Coming of the Asian Waves (Tourism & Hospitality: Education & Research)
  • Oguchi, T., Hanai, T., & Watanabe, K. (2006). The effect of responses to comments of guests on the Internet website on evaluation of lodgings. 12th Asia Pacific Tourism Association & 4th Asia Pacific CHRIE Joint Conference Proceedings, 193-198.
  • Hanai, T. & Oguchi. T. (2006). Don’t leave the voice of customer unsolved: Importance of lodgings’ reaction. 12th Asia Pacific Tourism Association & 4th Asia Pacific CHRIE Joint Conference Proceedings, 222-233.
  • Oguchi, T., Ando, K., Yamaguchi, K., & Hanai, T. (2005). The companion effect and group polarization in group travel. New Tourism for Asia-Pacific, 2, 819-830.
  • Hanai, T., Matsushima, K., Ando, K., Yamaguchi, K., & Oguchi, T. (2005). What is the most important component for lodgings getting repeat business? New Tourism for Asia-Pacific, 2, 819-830.
  • Hanai, T., Okamoto, S., Oguchi, T. (2004). The features of popular hotels in “Shinjuku” on internet business websites –What hotel information is instrumental in the promotion of reservations?– Globalization and Tourism Research, 13, 1208-1213.
  • Yashiro, K., Yamaguchi, K., & Oguchi, T. (2004). Effect of web page Captions on internet based Tour sales. Globalization and Tourism Research, 13, 1201-1207.
  • Oguchi, T., Okamoto, S., Shimizu, M., Matsushima, K. (2004). Factors predictive of consumers’ satisfaction with hotels through analysis of internet evaluation on a travel website. Globalization and Tourism Research, 13, 1126-1130.

紀要等

  • 花井友美・小口孝司 (2017). 被自己開示者の精神的負担感 立教大学心理学研究, 59, 41 - 56.
  • 川久保惇・小口孝司 (2016). 自己開示と対人ストレッサーが抑うつに及ぼす影響 立教大学心理学研究, 58, 13-22.
  • 川久保惇・吉岡明里・小口孝司 (2015). 自然環境の映像と音がストレス低減に及ぼす影響 立教大学心理学研究, 57, 11-20.
  • 大嶋玲未・小口孝司 (2014). サービス提供者のセルフ・モニタリング,誠実性と評価指標の関連性 立教大学心理学研究, 56, 23-32.
  • 川久保惇・吉野紘平・小口孝司 (2014). 2D と 3D 視聴による疲労の探索的研究 立教大学心理学研究, 56, 1-10.
  • 落合勉・竹田葉留美・小口孝司 (2013). 性別・年代からみた自伝的記憶の機能 立教大学心理学研究, 55, 1-8.
  • 大嶋玲未・廣川佳子・小口孝司 (2013). サービス提供者の特性に関する研究 立教大学心理学研究, 55, 9-20.

論文(査読無し)

  • 大江靖雄・小口孝司・海津ゆりえ・寺崎竜雄・久保田美穂子 (2016). アジアにおける観光研究の動向 観光文化, 228, 2-11.
  • 小口孝司 (2015). 特集:今求められる、こころを軽やかにするツーリズム 観光研究, 27, 6-7. <招待論文>
  • 小口孝司 (2015). メンタルヘルスツーリズム導入の意義と効果 観光研究, 27, 8-12. <招待論文>
  • 小口孝司 (2015). 特集の総括 観光研究, 27, 37-38. <招待論文>
  • Oguchi, T. & Io, M. (2013). The motivation for Chinese immigrants in Japan to visit theirhomeland. Annual Reports of 21st Century Human Interaction Research Center, 10, 39-43.
  • 小口孝司・竹田葉留美・落合勉 (2012). 高齢者の自伝的記憶の機能とメンタルヘルスとの関連について HIRC 研究年報.
  • 小口孝司・竹田葉留美・落合勉 (2012). 高齢者の自伝的記憶の機能とメンタルヘルスとの関連について HIRC(東洋大学ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター)研究年報, 9, 25-30.
  • 小口孝司 (2011). 癒しの旅が日本を救う 週刊ホテルレストラン, 46, 20-22.
  • 小口孝司・竹田葉留美・原島雅之 (2010). 過去の出来事の想起が抑うつに及ぼす影響 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター研究年報, 7, 39-46.
  • 小口孝司 (2010). しなやかな社会心理学を ―多様な価値観・戦略による発展を目指して― 対人社会心理学研究, 10, 8-13. <招待論文>
  • 小口孝司・竹田葉留美・原島雅之 (2009). 過去の出来事の想起が抑うつに及ぼす影響 HIRC21研究年報, 5, 131-135.
  • 小口孝司・花井友美 (2008). Eメール交換経験が対人不安感の低減に及ぼす効果 HIRC21研究年報, 5, 131-135.
  • 小口孝司 (2008). “こころ”と“地域”を“元気にする観光” Regional Futures, 12, 8-11.
  • 小口孝司 (2008).「メンタルヘルスツーリズム」という道 Message, 15, 1.
  • 小口孝司 (2008). メンタルヘルスを向上させる千葉県観光資源の検証 千葉県委託研究費報告書.
  • 小口孝司 (2008). 地域観光と心理学 -観光を心理学から考える- 心理学ワールド, 40, 28-29.
  • 小口孝司・清水裕 (2005). 若年女性の喫煙を増加させる要因 - タバコを吸うのはカッコいいから?痩せるから?:自己変容を促すものは何か HIRC21研究年報, 2, 63-72.
  • 小口孝司・山口一美・永房典之・日向野智子・八城薫・安藤清志 (2005). 職業場面における自己変容: 大学窓口サービスの場合 研究成果報告書(課題番号14310100)
  • 花井友美・小口孝司 (2005). 出会い系サイトの利用と孤独感 ―誰かと出会いたい人と誰かと話したい人― 学苑, 772, 1-10.(昭和女子大学人間社会学部紀要)
  • 小口孝司 (2004).「緑」の組合 スタディ, 43, 2-4.
  • 八城薫・小口孝司 (2004). セルフ・モニタリングの両義性について-他の心理的個人差との関わりから- 生活心理研究所紀要, 6, 27-35.
  • 小口孝司 (2003). 組合活動って、大変なだけ? スタディ, 42, 2-5.
  • 小口孝司 (2002). 「おじさん」組合に明日はあるか スタディ, 41, 2-5.
  • 柳下千尋・石井智子・小口孝司 (2001). 接客態度と購買予定が購買行動に及ぼす効果 生活心理研究所紀要, 5, 10-28.
  • 小口孝司 (2001). 職場における対人苦手意識 日本労働研究機構資料シリーズ, 110,47-75.
  • 小口孝司 (2000). ONにみる労働組合の魅力 スタディ, 39, 2-5.
  • 小口孝司・岡田尚子 (2000). リアクタンスの3次元 -「私」の・「好き」「勝手」- 生活心理研究所紀要, 2, 14-31.
  • 日向野智子・堀毛一也・小口孝司 (1999). 青年期の苦手意識と対人行動 生活心理研究所紀要, 1, 43-62.
  • 小口孝司・安藤清志・松野隆則 (1998). 個人の中での集団帰属意識 日本労働研究機構調査研究報告書, 104, 23-44.
  • 小口孝司 (1998). コミュニケーション能力-ホワイトカラーにおける対人処理- 日本労働研究機構資料シリーズ, 82, 69-89.
  • 畠山佐和子・小口孝司 (1997). 購買行動に関する一考察 学苑, 684 , 117-130.
  • 小口孝司 (1996).「サービス経済化」に心理学がどう役に立つのか? JILリサーチ, 27, 24-27.
  • 小口孝司 (1996). 自己開示のモデル化の試み(2) 学苑, 673, 45-54.
  • 小口孝司 (1996). 労働組合の魅力度を探る 社会経済生産性本部報告書, 81-113.
  • 小口孝司 (1995). 自己開示のモデル化の試み(1) 学苑, 666, 60-65.
  • 小口孝司 (1995). サービス業従事者のパーソナリティ 日本労働研究機構調査研究報告書, 62, 158-173.
  • 小口孝司 (1995). サービスとパーソナリティに関する先行研究 日本労働研究機構調査研究報告書, 62, 153-157.
  • 小口孝司 (1995). サービスとは何か 日本労働研究機構調査研究報告書, 62, 141-152.
  • 前田勇 他 (1993). ホテル労働における“弾力的人材活用”に関する研究 社団法人日本ホテル協会
  • 小口孝司 (1992). 人事部に求められる新たな機能とシステム 日本労働研究機構資料シリーズ, 23, 103-109.
  • 小口孝司 (1992). 伊藤忠商事の人事担当組織 日本労働研究機構資料シリーズ, 23, 41-48.
  • 大橋泰二・Herman Bahar・小口孝司 (1991). Human behavior in tourism - Japanese tourist's behavior in Bali-. The Journal of Applied Sociology, 33, 197-215.
  • 小口孝司 (1989). 自己開示の受け手に関する研究 -オープナー・スケール,(R-JSDQ)と(SMI)を用いて- 応用社会学研究, 31, 49-64.

書籍

  • 小口孝司(監修) (2013). よくわかる社会心理学 ナツメ社.
  • 小口孝司・楠見孝・今井芳昭 (2009). (編). 仕事のスキル 北大路書房.
  • 村田光二・坂元章・小口孝司 (2008). (編). 社会心理学の基礎と応用 放送大学出版協会.
  • 小口孝司 (2007). (編). 心理学からみた千葉県観光の展開 千葉大学文学部.
  • 小口孝司 (2006). (編). 観光の社会心理学 北大路書房.
  • 小口孝司・楠見孝・今井芳昭 (2003).(編). エミネント・ホワイト―ホワイトカラーへの産業・組織心理学からの提言― 北大路書房.
  • 宗方比佐・諸井克英・小口孝司・土肥伊都子・今野美奈子・安達智子 (2001). 彷徨するワーキングウーマン-社会心理学的考察- 北樹出版, pp.91-110.

書籍(分担執筆)

  • 三浦由美子・小口孝司 (2016). こんなところに心理学No. 14 「社員のメンタル・ヘルスをサポートする EAP(従業員支援プログラム)」 土肥伊都子(編)自ら実感する心理学 保育出版社, pp.102.
  • 竹田葉留美・小口孝司 (2014). 13-1, 2 「ストレッサ-とストレス反応, ストレスと性格特性」14-4 「日本を楽しむ」 土肥伊都子(編) 自ら挑戦する社会心理学 保育出版社, pp. 155-160, 175-177.
  • 小口孝司・花井知美 (2013).  第2章「観光者の欲求・動機とパーソナリティ」 橋本俊哉(編) 観光行動論 原書房, pp.25-41.
  • 小口孝司 (2009). 「親和動機」 日本社会心理学会(編)社会心理学事典 丸善.
  • 小口孝司 (2007). 「観光心理学, 原風景」など 香川眞(編)観光学大事典 木楽舎.
  • 渡辺かおり・原島雅之・小口孝司 (2007). 「ターゲットの異同が自己呈示のキャリーオーバー効果に及ぼす影響」 「自己カテゴリー」研究会 (編) 「自己カテゴリー化」における心理的過程を巡って 学習院大学人文科学研究所, pp.102-114.
  • 小口孝司・松野隆則・内藤淳 (2005). 「感情統御理論とその応用」 現代人のこころのゆくえ 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター, pp.93-114.
  • 小口孝司 (2000). 「消費に走るとき ―人それぞれの消費行動―」 昭和女子大学生活心理研究所(編) 現代社会とこころの健康―21世紀への展望― 風間書房, pp.60-80.
  • 小口孝司 (2000). 「各スケールの構成因子の抽出とそれらの相互関係の分析」 中村陽吉(編)   対面場面における心理的個人差  ブレーン出版.
  • 小口孝司 (1998). 「自己開示と適応」 安藤清志・押見輝男 (編) 自己の社会心理 誠信書房.
  • 小口孝司 (1999). 「自己開示, 社会的浸透理論」など 中島義明 他(編)心理学辞典 有斐閣.
  • 小口孝司 (1994). 「自己開示, 自己提示」など 古畑和孝(編)社会心理学小辞典 有斐閣.
  • 小口孝司・安藤清志(1989). 「自己開示」 大坊 郁夫 (編) 社会心理学パースペクティブ第1巻 誠信書房,pp.163-176.

書籍翻訳・監修

  • 小口孝司 (2014). 第4章「社会的証明 ー真実は私たちに」, ロバート・B・チャルディーニ 影響力の武器第3版 誠信書房, pp.185-266.
  • 小口孝司 (2009) (監訳). 習慣を変えれば、人生は変えられる 教育評論社.
  • 小口孝司 (2007). 第4章「社会的証明 ー真実は私たちに」, ロバート・B・チャルディーニ 影響力の武器第2版 誠信書房, pp.185-263.
  • 小口孝司 (2001). 第8章「言い出しがたいことを口にする:自己開示と精神的健康」安藤清志・丹野義彦(監修)臨床社会心理学の進歩 北大路書房, pp. 251-278.
  • 小口信吉・泉田渡・藤田弘人・小口孝司 (1999). 身体と文化 文化書房博文社.
  • 小口孝司 (1998). 第6章「説得の戦略を打ち破るために」 アンソニー・プラトカニス・エリオット・アロンソン プロパガンダ 誠信書房, pp. 229-254.
  • 小口孝司 (1994). 第4章「社会心理学における方法論:アイデアから研究の実践へ」 M.ヒューストン他(編)末永俊郎 ・安藤清志(監訳)社会心理学概論ーヨーロピアン・パースペクティブー(1) 誠信書房, pp.77-110.
  • 小口孝司 (1991). 第4章「社会的証明 ー真実は私たちに」 ロバート・B・チャルディーニ 影響力の武器 誠信書房, pp. 136-195.

国際会議

  • Miyakawa, E., Jose, E. P., Bryant, B. F., & Oguchi, T. Investigating gender and age difference of savoring strategies among Japanese adults. 6th World Congress on Positive Psychology, Melbourne, Australia. (20 July, 2019)
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. Effects of memorable tourism experiences on well-being via daily recovery experiences. 25th Asia Pacific Tourism Conference, Da Nang, Vietnam. (2 July, 2019)
  • Miyakawa, E., & Oguchi, T. Family touism elevates children's skill and parent's well-being. 25th Asia Pacific Tourism Conference, Da Nang, Vietnam. (2 July, 2019)
  • Miyakawa, E., & Oguchi, T. Does savoring Tourism experience affect personal development? 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Cebu, Piliphinnes. (3 July, 2018)
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. What promotes happiness of vacationers? 24th Asia Pacific Tourism Conference, Cebu, Philippines. (5 July, 2018)
  • Kawakubo, A., and Oguchi, T. Effects of Recovery Experience during Vacations on Promoting Employees’ Life Satisfaction and Occupational Well-Being. 19th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Atlanta, United States. (3 March, 2018)
  • Kawakubo, A., Yamaguchi, K., and Oguchi, T. Effects of recovery experiences during vacation on Japanese employee. 23th Asia Pacific Tourism Conference, Busan, South Korea. (20 June, 2017)
  • Miyakawa, E., & Oguchi, T. The benefits of orientation trip on skill development and mental health. Asian Association of Social Psychology (AASP) 2017 Conference, Auckland, New Zealand. (26 August, 2017)
  • Tanaka, Y., & Oguchi, T. A positive aspects of sensitive person. Asian Association of Social Psychology (AASP) 2017 Conference, Auckland, New Zealand. (27 August, 2017)
  • Miyakawa, E., & Oguchi, T. The effect of nostalgic scene and personality traits on tourist destinations. 6th International Tourism Studies Association Biennial Conference, Greenwich, England. (19 August, 2016)
  • Pearce, P., Oguchi, T., Wu, M., Mohammadi, Z. International studies in savoring; Coding recollections of intensely remembered tourism experiences. 6th International Tourism Studies Association Biennial Conference, Greenwich, England. (17 August, 2016)
  • Kawakubo, A., Kasahara, Y. & Oguchi, T. The effects of school excursions on subsequent travel experience and generic skills. 6th International Tourism Studies Association Biennial Congress, Greenwich, England. (19 August, 2016)
  • Hanai, T., & Oguchi, T. Where do Stressed People Prefer Travelling to: Rural Resorts or Urban Resorts? 6th International Tourism Studies Association Biennial Congress, Greenwich, England. (17 August, 2016)
  • Kawakubo, A., Miyakawa, E., & Oguchi, T. Effects of Depression and Hardiness on the Job Performance Rating of Japanese Employees. The 23rd International Association for Cross-Cultural Psychology Congress, Nagoya, Japan. (2 August, 2016)
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. Psychological effect of nail-care on mental state of Japanese female. 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan. (25 July, 2016)
  • Miyakawa, E., Kawakubo, A., & Oguchi, T. Effects of travel experiences on job performance in a Japanese company. 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Beijing, China. (3 June, 2016)
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. Effects of travel and its recollections on subjective happiness. 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Beijing, China. (3 June, 2016)
  • Hanai, T., Kawakubo, A., & Oguchi, T. Does talking on social networking services about vacation experiences contribute to subjective well-being? 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Beijing, China. (3 June, 2016)
  • Yamaguchi, K., & Oguchi, T. Effects of management commitment and job satisfaction oemployees’ depression and interpersonal service. 22th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Beijing, China. (3 June, 2016)
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. Examining the Effects of Response Styles on Depression Among Japanese Adults, The 17th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, California, USA. (29 January, 2016)
  • Oguchi, T., Abe, K., & Sugai, K. Giving confectionary souvenirs and taking pictures makes tourists happy. 5th Advances in Hospitality & Tourism Marketing and Management (AHTMM) Conference, Beppu, Japan. (18-21 June, 2015)
  • Kawakubo, A., Kasuga, M., Itao, K., Komaza, M., & Oguchi, T. Effects of short-stay vacation on the mental health of Japanese employees. 21th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Kuala Lumpur, Malaysia (16 May, 2015)
  • Yamaguchi, K. & Oguchi, T. Effects of International Service on Customer Satisfaction and Loyalty Behavior at Japanese Resorts. The International Coastal and Marine Tourism Congress, Hawaii (Kailua-Kona), USA. (10-13 November, 2015)
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. Psychological evaluation of the depression and sleep to improve the quality of life, The 6th World Congress on Sleep Medicine, Seoul, Korea. (24 March, 2015)
  • Kawakubo, A., & Oguchi, T. Effects of rumination, reflection and self - disclosure on depression among adults. The 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, California, USA. (27 February, 2015)
  • Kawakubo, A., Abe, K., Sekiguchi, Y., & Oguchi, T. The effect of the edutainment theme park ‘KidZania’ on career consciousness. 20th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Ho Chi Minh City,Vietnam. (1-4 July, 2014)
  • Nakajima, M., Takano, K., Oguchi, T., & Tanno, Y. Self-reflection alleviates the maladaptive effect of self-rumination on insight. 2014 Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Austin, Texas, USA. (13 February, 2014)
  • Nakajima, M., Oguchi, T., Takano, K., & Tanno, Y. Confidential and Unconfidential Self-Understanding: The Mediators of Self-Rumination and Self-Reflection. The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference, Tokyo, Japan. (23-25 August, 2013)
  • Oguchi, T., Abe, K., Sekiguchi, Y., & Saiga, R. Effectiveness of an edutainment theme park in Japan: “KidZania” improves children’s career consciousness. 19th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Bangkok, Thailand. (1-4 July, 2013)
  • Oguchi, T., Saiga, R., & Io, M. The effects of visiting homelands on immigrants’ psychological well-being. 19th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Bangkok, Thailand. (1-4 July, 2013)
  • Takeda, H., Momose, H., & Oguchi, T. Effects of vacation preference and images of similar scenery on stress recovery. 72nd TOSOK International Tourism Conference, Seoul, Korea. (2013)
  • Oguchi, T., & Hirokawa, K. Group tour influences tourists’ satisfaction. 2nd Advances in Hospitality and Tourism Marketing & Management Conference, Cofu, Greece. (31 May-3 June, 2012)
  • Oguchi, T., Abe,K., Ohshima, R., & Hirokawa,K. Giving confectionary souvenirs makes tourists happy. 18th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Taipei, Taiwan. (26-29 June, 2012)
  • Ohshima, R., Hirokawa, K., & Oguchi, T. Effects of specific activities and achievement motivation of tourists on stress reduction. Blurring the Boundaries. 17th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference, Seoul, Korea. (3-6 July, 2011)
  • Takeda, H., Motoki, R., & Oguchi, T. Effects of an excursion on mental health. 70th TOSOK International Tourism Conference, Seoul, Korea. (4-6 July, 2011)
  • Oguchi, T., Harashima, M., & Saita, H. Fade out phenomena of summer vacation on mental health. 15th Asia Pacific Tourism Association Conference, Incheon, Korea. (July, 2009)
  • Harashima, M., Miura, Y., Takeda, H., Sato, M., Shiota, S., Ohe, Y., Ohira, H., & Oguchi, T. Investigation of effectiveness of mental health tourism. Tourism & Hospitality in Asia Pacific, Bangkok, Thailand. (July, 2008)
  • Hanai, T., Shiota, S., Yashiro, K. & Oguchi, T. Examination of predictors of lodging reservation cancellation on travel web sites. Tourism & Hospitality in Asia Pacific, Bangkok, Thailand. (July, 2008)
  • Oguchi, T., Shiota, S., & Matsuura, A. Mental health tourism: Its background and Concept. Tourism & Hospitality in Asia Pacific, Bangkok, Thailand. (July, 2008)
  • Oguchi, T., & Harashima, M. The sense of load among recipients of self-disclosure. 2008 Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Albuquerque, USA. (8 February, 2008)
  • Oguchi, T. The Application of UNESCO World Heritage as tourism resources from the viewpoint of social psychology. 31th Korea Leisure Association Conference, Cheju, Korea. (November, 2007)
  • Oguchi, T., & Harashima, M. Effects of self-efficacy and priming of strategies on task performance: High self-efficacy always produces high performance? Asian Association of Social Psychology Conference, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia. (25-28 July, 2007)
  • Miura, Y., Hanai, T., & Oguchi, T. Motivation and stress reduction among travelers. Coming of the Asian Waves (Tourism& Hospitality: Education & Research), 13th Asia Pacific Tourism Association & 5th Asia Pacific CHRIE Joint Conference, Beijin, China. (24-27 May, 2007)
  • Hanai, T., Miura, Y., Harashima, M., & Oguchi, T. Impact of the inspection of the onsen websites on hope of visiting, recommended hope, and spot images. Coming of the Asian Waves (Tourism& Hospitality: Education & Research). 13th Asia Pacific Tourism Association 5th Asia Pacific CHRIE Joint Conference, Beijin, China. (24-27 May, 2007)
  • Oguchi, T., & Watanabe, K. “Why” makes travel, “How”induces packing. Coming of the Asian Waves (Tourism& Hospitality: Education & Research). 13th Asia Pacific Tourism Association & 5th Asia Pacific CHRIE Joint Conference, Beijin, China. (24-27 May, 2007)
  • Hanai, T., & Oguchi, T. Don’t leave the voice of customer unsolved: Importance of lodgings’ reaction. 12th Asia Pacific Tourism Association & 4th Asia Pacific CHRIE Joint Conference, Hualien, Taiwan. (26-29 June, 2006)
  • Oguchi, T., Hanai, T., & Watanabe, K. The effect of responses to comments of guests on the Internet website on evaluation of lodgings. 12th Asia Pacific Tourism Association & 4th Asia Pacific CHRIE Joint Conference, Hualien, Taiwan. (26-29 June, 2006)
  • Hanai, T., Ando, K., Yamaguchi, K., & Oguchi, T. What is the most important component for lodgings getting repeat business? Asia Pacific Tourism Association 11th Annual Conference, Goyang, Korea. (July, 2005)
  • Oguchi, T., Ando, K., Yamaguchi, K., & Hanai, T. The companion effect and group polarization in group travel. Asia Pacific Tourism Association 11th Annual Conference, Goyang, Korea. (July, 2005)
  • Hanai, T., Okamoto, N., Shimizu, M., & Oguchi, T. The features of popular hotels in “Shinjuku” on internet business websites: What hotel information is instrumental in the promotion of reservations? Asia Pacific Tourism Association 10th Annual Conference, Nagasaki, Japan. (July, 2004)
  • Yashiro, K., Yamaguchi, K., & Oguchi, T. Effect of web page captions on internet based tour sales. Asia Pacific Tourism Association 10th Annual Conference, Nagasaki, Japan. (July, 2004)
  • Oguchi, T., Okamoto, N., Shimizu, M., & Matsushima, K. Factors predictive of consumers’ satisfaction with hotels through analysis of internet evaluation on a travel website. Asia Pacific Tourism Association 10th Annual Conference, Nagasaki, Japan. (July, 2004)

国内学会

  • 宮川えりか・小口 孝司 休みへの認識がリカバリー経験およびwell-beingに及ぼす影響 日本社会心理学会第60回大会(2019年11月10日, 立正大学)
  • 宮川えりか・小口 孝司 海外修学旅行がもたらす心理的効果 日本国際観光学会第23回全国大会(2019年10月19日, 桜美林大学)
  • 宮川えりか・小口 孝司 就労者の余暇活動がwell-beingに及ぼす影響 産業・組織心理学会第35回大会(2019年8月31日, 日本大学)
  • Miyakawa, E., Schott, C., & Oguchi, T. The Key Elements of Personal Development through International Travel -Does emotional evaluations of the tourism experience influence personal development?- 第33回日本観光研究学会全国大会(2018年12月16日, 跡見学園女子大学)
  • 川久保 惇・小口 孝司 冬季休暇中の活動が主観的well-beingに及ぼす影響 第82回日本心理学会(2018年9月25日, 東北大学)
  • 宮川えりか・小口孝司 海外修学旅行が高校生のウェルビーイングに与える影響 第82回日本心理学会(2018年9月25日, 仙台国際センター, 東北大学)
  • 宮川えりか・小口孝司 就労者のセイバリング方略と個人差要因との関連 第34回産業・組織心理学会大会 (2018年9月2日, 名古屋大学)
  • 川久保惇・宮川えりか・小口孝司 Savoring Beliefs Inventory 日本語版の信頼性・妥当性 -ポジティブ経験を「味わうこと」に関する能力- 第27回パーソナリティー心理学会(2018年8月27日, 立命館大学)
  • 宮川えりか・小口孝司 国内旅行におけるモチベーションがジェネリックスキルに及ぼす効果 第59回日本社会心理学会(2018年8月27日, 追手門大学)
  • 川久保 惇・小口 孝司 旅行会社のWebサイトは何を示すことが求められるのか?―Webサイトにおける企業情報の開示とデザインに注目して― 第32回観光研究学会全国大会(2017年12月3日, 金沢星稜大学)
  • 川久保 惇・小口 孝司 感謝経験の享受が精神的健康に及ぼす影響 第81回日本心理学会(2017年9月21日, 久留米大学)
  • 宮川えりか・小口孝司 旅を楽しめる人は幸せか? -旅行の享受傾向が主観的幸福感に及ぼす影響- 第31回日本観光研究学会全国大会(2016年12月4日, 江戸川大学)
  • 宮川えりか・川久保惇・小口孝司 大学時代の旅行経験が人事評価に及ぼす影響 産業・組織心理学会第32回大会(2016年9月3日, 立教大学)
  • 山口一美・小口孝司 リゾートにおける対人サービスが顧客満足度、ロイヤルティ行動に及ぼす影響 日本観光研究学会総会シンポジウム(2015年5月30日, 立教大学)
  • 山口一美・岡田美奈子・小口孝司 半構造化面接からみた休暇が企業に及ぼす効果 第30回日本観光研究学会全国大会(2015年11月29日,高崎経済大学)
  • 川久保惇・小口孝司 新たな職業的自尊心尺度の作成および妥当性の検討 日本社会心理学会第56回大会(2015年10月31日, 東京女子大学)
  • 川久保惇・笠原亮多朗・小口孝司 ネイルは化粧を超えるか? 日本心理学会第79回大会 (2015年9月24日, 名古屋国際会議場, 名古屋大学)
  • 小口孝司 今求められる、こころを軽やかにするツーリズム 日本観光研究学会2015年度総会シンポジム企画・実施(2015年5月30日, 立教大学)
  • 川久保惇・小口孝司 反応スタイルの性別・年代差および抑うつに及ぼす影響 日本グループ・ダイナミックス学会大会60回大会(2014年9月7日,東洋大学)
  • 川久保惇・笠原亮多朗・小口孝司 自然環境の映像と音がストレス低減に及ぼす影響 日本心理学会大会第78回大会(2014年9月11日, 同志社大学)
  • 山口一美・小口孝司 対人サービスから見たリゾートにおける癒し:米国リゾートの調査から 日本観光研究学会第29回大会(2014年12月7日, 大阪府立大学)
  • 廣川佳子・小口孝司 サイコロジカルエンパワーメントに関する実証的研究―サービス従業者を対象とした検討- 産業・組織心理学会第29回大会(2013年9月7日, 京都橘大学)
  • 大嶋玲未・小口孝司 美容師のセルフ・モニタリングに注目した事例研究 ―高業績をあげる低モニター美容師の特徴― 産業・組織心理学会第29回大会 (2013年9月8日, 京都橘大学)
  • 大嶋玲未・小口孝司・阿部佳奈子・廣川佳子 セルフ・モニタリングが学生の職業レディネス、職業観、職業選択に及ぼす影響 日本心理学会第77回大会(2013年9月19日, 札幌コンベンションセンター, 北海道医療大学)
  • 竹田葉留美・小口孝司・福澤真代 専門的心理的援助要請態度に影響を及ぼす要因 日本心理学会 第77回大会 (2013年9月19日, 札幌コンベンションセンター, 北海道医療大学)
  • 中島実穂・小口孝司・高野慶輔・丹野義彦 省察の適応的効果におけるハーディネスの役割 日本心理学会 第77回大会 (2013年9月19日, 札幌コンベンションセンター, 北海道医療大学)
  • 川久保惇・小口孝司 3D 映像視聴による疲労に対する探索的検討 日本心理学会 第77回大会 (2013年9月21日, 札幌コンベンションセンター, 北海道医療大学)
  • 雜賀玲衣・小口孝司 中国移民の自伝的記憶機能が母国訪問および精神的健康に及ぼす影響 日本心理学会 第77回大会(2013年9月21日, 札幌コンベンションセンター, 北海道医療大学)
  • 雜賀玲衣・小口孝司 中国移民の母国訪問が精神的健康に及ぼす影響 日本社会心理学会第54回大会(2013年11月2日, 沖縄国際大学)
  • 川久保惇・小口孝司 睡眠の質を規定する要因及び主観的ストレス、抑うつへの影響 日本社会心理学会第54回大会(2013年11月2日, 沖縄国際大学)
  • 山口一美・小口孝司 対人サービスから見たリゾートにおける癒し 日本社会心理学会第54回大会(2013年11月3日, 沖縄国際大学)
  • 雜賀玲衣・小口孝司 中国移民の母国訪問が精神的健康に及ぼす影響 日本国際観光学会第17回大会(2013年10月26日, 玉川大学)
  • 三浦由美子・小口孝司 上方向への影響力に関する自己効力感がメンタルヘルスに及ぼす影響 産業・組織心理学会第28回大会(2012年9月1日, 文教大学)
  • 大嶋玲未・小口孝司 セルフ・モニタリングと誠実性がサービス業績と上司評価に及ぼす影響 産業・組織心理学会第28回大会(2012年9月1日, 文教大学)
  • 廣川佳子・小口孝司 上司の支援行動が従業員満足度に及ぼす影響 産業・組織心理学会第28回大会 (2012年9月1日, 文教大学)
  • 飯田光亮・小口孝司 サイコロジカルエンパワーメントと職務満足感との関係について 産業・組織心理学会第28回大会(2012年9月1日, 文教大学)
  • 小口孝司・中島実穂 自己注目の媒介変数としての自己理解 日本心理学会第76回大会(2012年9月12日, 大学)
  • 雜賀玲衣・井上孝代・小口孝司 大学生のセルフ・モニタリング傾向が友人との付き合い方および生活充実感に及ぼす影響 日本心理学会第76回大会(2012年9月11日, 専修大学)
  • 落合勉・小口孝司 日本語版Thinking About Life Experiences (TALE)尺度の作成および信頼性と妥当性の検討 日本心理学会第76回大会(2012年9月13日, 専修大学)
  • 川久保惇・小口孝司 反芻・省察が自伝的記憶を介して抑うつに及ぼす影響 日本心理学会第76回大会 (2012年9月13日, 専修大学)
  • 大嶋玲未・小口孝司 サービス提供者におけるパーソナリティと職務要因との関連性 日本心理学会第76回大会(2012年9月11日, 専修大学)
  • 大嶋玲未・雜賀玲衣・小口孝司 “聞き上手なサービス提供者”の規定因および効果の検討 日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会(2012年9月22日, 京都大学)
  • 阿部加奈子・小口孝司 休暇体験とおみやげがメンタルヘルスに及ぼす効果 第27回日本観光研究学会全国大会(2012年5月26日, 立教大学)
  • 大嶋玲未・小口孝司 セルフ・モニタリングと誠実性がサービス業従事者の職務要因に及ぼす影響 第27回産業・組織心理学会大会(2011年9月3日, 中村学園大学)
  • 廣川佳子・小口孝司 承認欲求が評価的言動に対する反応と対処方略に及ぼす影響 第27回産業・組織心理学会大会(2011年9月3日, 中村学園大学)
  • 竹田葉留美・落合勉・小口孝司 自伝的記憶の機能についての検討 日本心理学会第75回大会(2011年9月15日, 日本大学)
  • 小口孝司・大嶋玲未 気分が広告の楽しさと商品への関心に及ぼす影響 産業・組織心理学会第26回大会(2010年9月5日, 東京富士大学)
  • 宮﨑貴子・竹田葉留美・小口孝司 過去の出来事の想起と自己開示がストレス変化に及ぼす効果 日本社会心理学会第51回大会(2010年9月17日, 広島大学)
  • 福場美貴・小口孝司 店長の変革的リーダーシップが部下の組織市民行動に及ぼす影響  産業組織心理学会第26回大会(2010年9月5日, 東京富士大学)
  • 宮﨑貴子・小口孝司 応答と視点取得が自己開示の受け手の精神的負担感に及ぼす効果 日本グループ・ダイナミックス学会第57回大会(2010年8月28日, 東京国際大学)
  • 小口孝司 メンタルヘルス・ツーリズム -心を軽くする旅- 日本観光研究学会全国大会(2009年11月22日, 立教大学)
  • 小口孝司・花井友美・宮崎貴子 視点取得が自己開示の受け手の精神的負担感に及ぼす効果 日本心理学会第73回大会(2009年8月26日, 立命館大学)
  • 三浦由美子・原島雅之・小口孝司 臨床心理士における上方向への影響戦略 日本心理学会第73回大会(2009年8月26日, 立命館大学)
  • 竹田葉留美・原島雅之・小口孝司 過去の出来事の想起がストレス変化に及ぼす影響 日本心理学会第73回大会(2009年8月28日, 立命館大学)
  • 三浦由美子・小口孝司 ウェッブログを書くことが精神的・身体的健康に及ぼす効果 日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会(2009年10月11日, 大阪大学)
  • 小口孝司 しなやかな社会心理学を 「歴史を踏まえ,この先を生きる社会心理学研究の展開を目指すために」日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会(2009年10月12日, 大阪大学)(主催者招待シンポジウム)
  • 松浦亜衣子・山本裕子・小口孝司 職務満足度と自己価値認識との関連 ―動機づけ衛生要因理論の再考― 産業・組織心理学会第24回大会(2008年8月31日, 上智大学)
  • 三浦由美子・原島雅之・幸田宏子・小口孝司 メンタルヘルスツーリズムが従業員のストレス・抑うつレベルの低減に及ぼす影響 産業・組織心理学会第24回大会(2008年8月30日, 上智大学)
  • 花井友美・小口孝司 対人認知における帰属バイアスの生起過程 日本グループ・ダイナミックス学会第54回大会(2007年6月16日, 名古屋大学)
  • 花井友美・小口孝司 CMC経験が対人不安の低減に及ぼす効果 日本社会心理学会第47回大会(2006年9月18日, 東北大学)
  • 渡辺かおり・原島雅之・小口孝司 解釈レベルが行動の意図と時間的距離の予測に与える影響 日本社会心理学会第47回大会(2006年9月17日, 東北大学)
  • 花井友美・小口孝司 新聞記事における被害者情報が加害者への責任帰属に及ぼす効果 日本グループ・ダイナミックス学会第51回大会(2006年5月27日, 武蔵野大学)
  • 小口孝司・原島雅之 望ましい自己開示でも対人魅力を高めるか? 日本グループ・ダイナミックス学会第51回大会(2006年5月27日, 武蔵野大学)
  • 渡辺かおり・原島雅之・小口孝司 ターゲット文脈が自己呈示のキャリーオーバー効果に及ぼす影響 日本社会心理学会第46回大会(2005年9月25日, 関西学院大学)
  • 中村玲香・小口孝司 サービス従事者の感情制御方略 日本社会心理学会第46回大会(2005年9月24日, 関西学院大学)
  • 花井 友美・小口孝司 大学生の携帯電話利用のスタイル(3)~友人関係の選択傾向と携帯電話の受話拒否傾向~ 日本社会心理学会第46回大会(2005年9月24日, 関西学院大学)
  • 中村玲香・小口孝司 感情制御方略が再認課題成績に及ぼす影響 日本認知心理学会第3回大会(2005年5月29日, 金沢大学)
  • 山口一美・永房典之・日向野智子・八城薫・小口孝司・安藤清志 幹部職員からみた大学窓口サービス ―大学窓口サービス(3)― 日本心理学会第68回大会(2004年9月14日, 関西大学)
  • 花井友美・小口孝司 大学新入生のクラス内関係の変化における携帯メールの役割 日本心理学会第68回大会(2004年9月13日, 関西大学)
  • 日向野智子・山口一美・永房典之・八城薫・小口孝司・安藤清志 職員からみた大学窓口サービス ―大学窓口サービス(2)― 日本心理学会第68回大会(2004年9月14日, 関西大学)
  • 八城薫・日向野智子・永房典之・山口一美・小口孝司・安藤清志 大学生からみた大学窓口サービス ―大学窓口サービス(1)― 日本心理学会第68回大会(2004年9月14日, 関西大学)
  • 日向野智子・倉信友歌・小口孝司 情緒的巻き込まれ感を規定する特性要因 日本社会心理学会第45回大会(2004年7月18日, 北星学園大学)
  • 花井友美・小口孝司 Eメール回数の増加に伴う出現語の変化 ~「登場人物」と「感情表現」からの検討~ 日本社会心理学会第45回大会(2004年7月18日, 北星学園大学)
  • 八城薫・小口孝司 セルフ・モニタリング下位因子の独自性 日本社会心理学会第45回大会(2004年7月18日, 北星学園大学)
  • 八城薫・小口孝司 大学への集団同一視・集団自尊心に影響を及ぼす要因 日本グループ・ダイナミックス学会第51回大会(2004年5月8日, 南山大学)
  • 花井友美・小口孝司 ネットショップの信頼性とサイト内情報 日本グループ・ダイナミックス学会第51回大会(2004年5月8日, 南山大学)
  • 小口孝司 「旅行者行動」研究の深化をめざして 日本心理学会第68回大会(2004年9月13日, 関西大学)(指定討論)
  • 花井友美・小口孝司 女子大学生における喫煙の機能と動機 日本社会心理学会第44回大会(2003年9月16日, 東洋大学)
  • 八城薫・小口孝司 ガソリン・スタンド従業員の販売実績に関わる個人差要因 日本社会心理学会第44回大会(2003年9月16日, 東洋大学)
  • 日向野智子・小口孝司 セルフ・タッチと自己意識 日本心理学会第67回大会(2003年9月15日, 東京大学)
  • 八城薫・小口孝司 観光地選好に及ぼす個人的原風景と心理学的個人差(2)-旅行パンフレットと風景画像による検討- 日本心理学会第67回大会(2003年9月14日, 東京大学)
  • 清水裕・花井友美・藤島喜嗣・小口孝司 学内喫煙所の設置が喫煙に対するイメージと喫煙行動に及ぼす効果 -女子大学におけるアクション・リサーチ- 日本心理学会第67回大会(2003年9月14日, 東京大学)
  • 小口孝司・花井友美 出会い系サイトの利用と孤独感 日本グループ・ダイナミックス学会第50回大会(2003年3月23日, キャンパスプラザ京都)
  • 日向野智子・小口孝司 セルフ・タッチからみた対人苦手意識の生起過程 日本グループ・ダイナミックス学会第50回大会 (2003年3月22日, キャンパスプラザ京都)
  • 八城薫・保坂邦夫・小口孝司 大学受験生における進学先決定因―有効なオープン・キャンパスの提案― 日本グループ・ダイナミックス学会第50回大会(2003年3月22日, キャンパスプラザ京都)
  • 小口孝司 旅行者行動の社会心理学 -自己変容の可能性- 日本社会心理学会第44回大会(2003年9月18日, 東洋大学)(ワークショップ)
  • 日向野智子・小口孝司 中学生における対人苦手意識 日本社会心理学会第43回大会(2002年11月9日, 一橋大学)
  • 八城薫・小口孝司 グリーン・ツーリズム 参加意欲を規定する心理学的要因(2) ―ウェブサイトからみたグリーン・ツーリズム― 日本社会心理学会第43回大会(2002年11月10日, 一橋大学)
  • 日向野智子・小口孝司 ハーディネスからみた管理職適性 産業組織心理学会第18回大会(2002年11月, 慶應大学)
  • 八城薫・小口孝司 原風景と心理学個人差からみた観光地選好 日本観光学会(2002年5月25日, 立教大学)
  • 日向野智子・小口孝司 児童期におけるリーダーシップと対人苦手意識 日本心理学会第65回大会(2001年11月7日, 筑波大学)
  • 八城薫・小口孝司 恋人・夫婦間の信頼感からみたセルフ・モニタリングの類似性 日本心理学会第65回大会(2001年11月9日, 筑波大学)
  • 小口孝司 職場における感情とそこから探求されるもの 日本性格心理学会第10回大会(2001年9月22日, 東洋大学)
  • 日向野智子・小口孝司 対人関係における苦手意識 日本グループ・ダイナミックス学会第48回大会(2000年10月1日, 東洋大学)
  • 三浦由美子・小口孝司 上方向への影響戦略と職場適応との関係 日本グループ・ダイナミックス学会第48回大会(2000年9月30日, 東洋大学)
  • 小口孝司 彷徨するワーキング・ウーマン 日本グループ・ダイナミックス学会第48回大会(2000年10月1日, 東洋大学)(ワークショップ)
  • 小口孝司 エコツーリズムへの参加を規定する心理学的要因 日本観光研究学会シンポジウム (2000年5月, 立教大学)
  • 日向野智子・堀毛一也・小口孝司 青年期の苦手意識と対人行動 日本社会心理学会第40回大会(1999年10月30日, 慶應義塾大学)
  • 小口孝司・大橋泰二 「面食い」は「推進派」か? 日本観光学研究学会全国大会 (1996年12月8日, 立教大学)
  • 池田善英・小口孝司 対人行動に関わる既存の個別的パーソナリティ尺度の検討(Ⅱ) 日本グループ・ダイナミックス学会第41回大会(1993年10月17日, 熊本大学)
  • 小口孝司 音環境の快・不快が自己開示に与える影響について 日本グループ・ダイナミックス学会第38回大会(1990年11月24-25日, 関西大学)
  • 小口孝司 自己開示の受けやすさについて ー尺度の作成ならびに開示動機との関連ー 日本社会心理学会第30回大会(1991年9月24日, 東京女子大学)
  • 小口孝司 声が対人魅力に及ぼす効果 日本社会心理学会第31回大会(1990年9月24日, 関西学院大学)
  • 小口孝司 聞き手の「口の軽さ」と「聞き上手さ」が開示者からの開示と好意に及ぼす効果 日本グループ・ダイナミックス学会第37回大会(1989年11月25-26日, 東京大学)
  • 小口孝司・沼崎誠 日本語版セルフ・ハンディキャッピングスケールの試作及びその検討(2) 日本社会心理学会第29回大会(1988年10月11日, 名古屋大学)
  • 沼崎誠・小口孝司 日本語版セルフ・ハンディキャッピングスケールの試作及びその検討(1)  日本社会心理学会第29回大会(1988年10月11日, 名古屋大学)
  • 小口孝司 開示の受け手の集団内地位と開示者への好意が開示動機の推定に及ぼす効果 日本心理学会第51回大会(1987年10月12日, 東京大学)
  • 小口孝司 開示者の開示動機傾向が受け手からの性格判断に及ぼす効果 日本グループ・ダイナミックス学会第35回大会(1987年10月10-11日, 専修大学)
  • 小口孝司 自己開示の個人差に関する一研究-JISの作成と適用- 日本心理学会第50回大会(1986年10月14日, 名古屋大学)

その他

  • 小口孝司 (2018). 御朱印ガールの秘密 日本テレビ 所さんの目がテン(2018年5月27日)(制作協力・出演)WEB
  • 小口孝司 (2017). 空気を読んで失敗する人、空気を読まずに成功する人 PRESIDENT, 964, 125.WEB
  • 小口孝司 (2017). メンタルヘルスツーリズムの展開 一目でわかる「研究力が高い大学」02 ANESTA,30-31.
  • 小口孝司 (2016). 権力は、「リーダー」よりも「ドン」が握る PRESIDENT, 963, 134.WEB
  • 小口孝司 (2014). キッザニア体験は、子どもたちにどのような変化をもたらしたのか? 朝日新聞 夕刊(2月17日)(対談)
  • 小口孝司 (2012). 初詣客どう数える? 読売新聞 朝刊(1月11日)(取材協力)
  • 小口孝司 (2011). 就活憂さ晴らし 卒業旅行…海外40%国内30%増 読売新聞(関西版 1月22日)(取材協力)
  • 小口孝司 (2011). 三が日の人出知りたいけど 読売新聞 朝刊(1月4日)(取材協力)
  • 小口孝司 (2009). “観光で癒し”科学で裏付け NHK 首都圏ネットワーク(6月3日)(制作協力・出演)
  • 小口孝司 (2006). 観光を通して地域活性 聖教新聞 日刊(12月7日)(インタビュー記事)
  • 小口孝司 (2000). 社会心理学と4つのキーワード 産経新聞 夕刊(10月2日)(インタビュー記事)
  • 小口孝司 (1993). 男の魅力は声にありNHK 総合 ナイトジャーナル(1月26日)(制作協力・出演)