生活と防災についての社会意識調査 報告書

 ―仙台市、福島市、東京都における震災被害と社会階層の関連―

20173

村瀬洋一編・立教大学社会学部 社会調査グループ

 

The report of the Social Consciousness Survey about a life and disaster prevention:

Association between earthquake disaster damage and a social stratification in Sendai, Fukushima, Tokyo.

March 2017.

MURASE Yoichi, Department of Sociology, Rikkyo University.

 

 

 

内容準備中。以下の内容は暫定版。

Front Page  表紙PDF

Main Pages  本文PDF1

Main Pages  本文PDF2

Main Pages  本文PDF3


調査票

資料 調査員の手引き

資料 調査時注意点

資料 調査時注意点2


集計表1

集計表2

集計表3

自由記述欄



 

 

転入者とそれ以外の比較に関する基礎的分析結果

 復興政策への国民の意見反映に関する結果が図1である。図内の一番上の横棒は、震災以前から福島市内に住んでいた男性617人であり、そのうち、「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」を合わせて、21%が肯定だが、否定的回答がほぼ8割である。女性はさらに否定が多い。海沿いや原発近くの被災地から転入した女性は27人しかいないが、さらに否定的である。「その他の転入」は、仕事のため東京や仙台等から福島市内に震災後に転入した人等、いわゆる転勤族(数年毎に勤務地が変わる被雇用労働者層)を含むが、肯定的回答がやや多い。転勤族は大企業勤務で収入面で恵まれた人や高学歴な人も多く、社会的地位が高めであると考えられる。そのような人は、復興政策に問題を感じない傾向があるのかもしれない。仙台調査でも、「その他の転入」において肯定的回答が多く、被災地から転入した女性は否定的回答が多い。東京調査でも、女性は否定的回答が多い。政治家や地域有力者の多くは男性であり、復興政策に、女性の視点が反映されにくい傾向はあるだろう。そのよう事実があることを反映した調査結果なのかもしれない。

 図2は原発政策志向についての結果である。全般的に原発に対して否定的な回答が多いが、とくに福島市調査では否定的である。しかし、福島市の「その他転入」男性は、原発に肯定的回答が多めである。東京の男性がもっとも肯定的であり、とくに転入者の男性に肯定が多い。男女で回答に違いがあり、女性の方が、原発に対して否定的である。

 図3は大震災の被災者に対する政府支援についての結果である。福島では、以前からの男性住民は支援が十分という答えが多めであり、被災地から転入した女性は少ない。その他の転入者は十分という答えが多めだが、全般的には、不十分とする回答が多く、とくに、被災地からの転入者は、福島でも仙台でも、不十分と答えており、元からの住民と比べて回答に違いがある。東京は、十分とする回答が、福島や仙台の、元からの住民と比べてやや少なめであり、東京の方が政府支援に関して厳しい見方をしている。

 図4は、原発事故の避難者に対する支援に関する結果である。福島調査の震災以前から市内に住んでいる人は、もっと支援した方がよいという回答が少ない。被災地から転入してきた人では、もっと支援という回答が多く、その他の転入者は少なめである。仙台の元からの住民は、福島より、もっと支援という回答が多いが、被災地から転入してきた人は少なめである。東京は、もっと支援した方がよいという回答が全般的に多い。この問に関しては、被災地から遠い東京の方が、避難者への同情的見方が多い。東京電力からの毎月の慰謝料によって暮らす避難者に対する、批判的な意見もある程度は存在することも事実であり、福島県内の報道でも、そのような意見が出ることはある。東京よりも、避難者の生活の実態や、今後の生活のあり方についての情報も多く、様々な議論がありうるし、福島での調査結果に、そのことが反映している可能性もある。

 図5は階層帰属意識(主観的な自分の社会階層)の結果である。選択肢の5段階は、社会階層と社会移動全国調査(SSM調査)で以前から用いられているものである。福島では、元からの住民と転入してきた人で、回答にあまり違いはない。ただ転入した女性は、自分の所属している階層をやや低めに答える傾向があり、「下の上」と「下の下」を会わせて、被災地から転入した女性は4割が下と答えている。仙台では、その他の転入者が、階層を高めに答える傾向があり、「上」と「中の上」を合わせて約3割である。仙台市は東北地方最大の都市で、大企業の支店が多く、古くからの地元の住民よりも、転勤族とよばれる大企業勤務者が、収入がよく雇用も安定していることはよく知られている。仙台市郊外の新しい一戸建てが並ぶ、よく整備された住宅地には転勤族が多く住むし、そのような仙台市の特徴を表しているのだろう。東京は全般的に階層がやや高めである。