立教大学 理論研TOP

コロキウム(セミナー)  ・   集中講義  ・   ランチョン   ・   研究会   ・   研究室行事  ・   カレンダー


コロキウム | Colloquium

他大学・研究機関からお招きした講師の方に、 最先端の研究内容を紹介していただきます。 宇宙・素粒子に関連したテーマを、隔週で交互に行っています。

外部の方の聴講を歓迎します。

本年度コロキウムの最終回は1月26日の予定です。


理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年1月26日(火)16:30〜18:00
講師 本間 希樹 氏(国立天文台)
題目 「EHTによるブラックホールの撮像と今後の展望」
概要 Event Horizon Telescope(EHT)は、国際協力により地球規模のミリ波VLBI観測網を構築し、ブラックホールの詳細な撮像を目指す国際プロジェクトである。2019年4月、EHTプロジェクトの初期成果として、楕円銀河M87の中心にある巨大ブラックホールの写真が公開された。その画像には、光子球に相当するリングとブラックホールシャドウが写っており、M87の中心部に太陽の65億倍の質量を持つ巨大ブラックホールが存在することが明らかになった。本講演では、EHTの2019年の初期成果について解析手法や画像から得られるM87のブラックホールの描像などについて紹介するとともに、その後の進捗および今後の展望についても述べる。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2021年1月19日(火)16:30〜18:00
講師 佐藤 松夫 氏(弘前大学)
題目 「弦幾何理論による弦背景決定方程式」
概要 弦幾何理論は弦理論の非摂動論的定式化の一つの候補である。まず、弦幾何理論の定義について復習する。弦幾何理論は、無限次元多様体の一つのクラスである弦多様体上の重力理論である。次に弦多様体上の任意の重力理論において、平坦背景まわりのニュートン極限をとると、平坦時空上の超弦理論の全オーダーの摂動論が再現されることを示す。また、10次元超重力背景が弦幾何理論の場の配位に含まれていることを示す。この配位は弦幾何時間に依らないため、エネルギーを定義することができる。超重力理論の運動方程式を満たす背景のエネルギー最小条件が弦背景を決定する方程式となる。弦背景が決定されれば、そのまわりのゆらぎから標準模型が導出され、それを超えた物理現象の予言を得ることが期待される。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2021年1月12日(火)16:30〜18:00
講師 吉田 大介 氏(神戸大学)
題目 「加速膨張宇宙における初期特異点について」
概要 本講演では、特異点解消へのボトムアップ的アプローチである曲率制限理論の初期特異点への応用を紹介します。さらに、加速膨張宇宙に存在しうる特異点の構造として、宇宙膨張の指数関数からのずれに起因する曲率特異点と宇宙の非自明なトポロジーに起因する特異点を紹介し、曲率制限理論との関連を議論します。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年12月22日(火)16:30〜18:00
講師 久保 尚敬 氏(京都大学)
題目 "Fermi gas approach to general rank theories and quantum curves"
概要 Three-dimensional N=4 superconformal Chern-Simons theory described by circular quiver diagram is interesting because, for example, it can be considered to be the worldvolume theory of M2-branes. The partition function on S^3 can be reduced to a matrix model by using so-called supersymmetric localization technique. However, it was still difficult to study the matrix model non-perturbatively. To overcome this difficulty, a technique was developed to rewrite the matrix model into the partition function of ideal Fermi gas. This technique is called Fermi gas formalism (FGF). The FGF was applied to the circular quiver theories where all nodes have the same ranks. On the other hand, it was nontrivial whether the FGF could be applied to theories with different ranks. In this talk, we show the result of FGF for general rank theories. We also discuss the applications of our results. For example, the Hanany-Witten transition predicts that some matrix models are equal, and our result can be used to show the equality. We also show other non-trivial relations. Another application is that the relation between the matrix model with rank deformations and a quantum curve became clear. This is an extension of the relation in the absence of rank deformations.
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年12月15日(火)16:30〜18:00
講師 木内 建太 氏(マックス・プランク重力物理学研究所)
題目 「連星中性子星合体の数値モデリングの現状と今後の展望」
概要 重力波イベントGW170817によって重力波を含むマルチメッセンジャー天体物理学が本格的に幕を開けた。連星中性子星合体の理論モデルの構築は、観測を予測及び解釈する上で本質的な役割を果たす。特に数値相対論と呼ばれる数値シミュレーションによるモデリングは必要不可欠である。マックスプランク重力物理学研究所のComputational Relativistic Astrophysics divisionはこの問題に長年取り組んでいる。本講演ではGW170817及び付随する電磁波観測のレビュー、理論モデリングの現状、将来展望について紹介する予定である。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年12月8日(火)16:30〜18:00
講師 石井 貴昭 氏(京都大学)
題目 "Resonating AdS soliton"
概要 Non-stationary oscillating geometry can be obtained by nonlinearly extending normal modes in asymptotically AdS space. In this talk, I will construct what I call the resonating AdS soliton as the nonlinear extension of the modes dual to spin-2 glueball excitations of the AdS soliton. In particular, in five dimensions, I obtain the solution as a cohomogeneity-1 metric. It is shown that the holographic stress energy tensor of the resonating AdS soliton is time periodic, which is interpreted to give a coherently excited state in the dual field theory. The energy of the resonating AdS soliton is found to be higher than that of the undeformed AdS soliton, in accordance with the positive energy conjecture proposed by Horowitz and Myers. This talk is based on arXiv:2006.12783.
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年12月3日(木)17:10~18:50
講師 早田 次郎 氏(神戸大学)
題目 「アクシオンからのnHz重力波」
概要 最近、NANOGrav観測チームが、正体不明の信号を観測したと発表した。 この信号がアクシオン暗黒物質からの信号である可能性を議論する。
アクシオンの質量が10^{-14}GeVであれば、ちょうどnHz重力波に対応すること、 アクシオンの崩壊定数が10^{17}GeVであれば、NANOGravの観測を説明できることを示す。
弦理論的に自然な崩壊定数10^{16}GeVの場合でも 将来のSKA観測で観測可能な大きさの円偏極重力波が生成されることを示す。
言語 日本語
場所 オンライン (聴講には事前登録が必要です。問い合わせ先 tsutomu rikkyo.ac.jp)

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年11月17日(火)16:30〜18:00
講師 居石 直久 氏(名古屋大学)
題目 "On exact-WKB analysis, resurgent structure, and quantization conditions"
概要 There are two well-known approaches to studying nonperturbative aspects of quantum mechanical systems: saddle point analysis of the partition functions in Euclidean path integral formulation and the exact-WKB analysis based on the wave functions in the Schroedinger equation. In this work, based on the quantization conditions obtained from the exact-WKB method, we determine the relations between the two formalism and in particular show how the two Stokes phenomena are connected to each other: the Stokes phenomenon leading to the ambiguous contribution of different sectors of the path integral formulation corresponds to the change of the “topology” of the Stoke curves in the exact-WKB analysis. We also clarify the equivalence of different quantization conditions including Bohr-Sommerfeld, path integral and Gutzwiller’s ones. In particular, by reorganizing the exact quantization condition, we improve Gutzwiller’s analysis in a crucial way by bion contributions (incorporating complex periodic paths) and turn it into exact results. Furthermore, we argue the novel meaning of quasi-moduli integral and provide a relation between the Maslov index and the intersection number of Lefschetz thimbles.
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年11月10日(火)16:30〜18:00
講師 斉田 浩見 氏(大同大学)
題目 「銀河系中心の巨大ブラックホールにおける重力理論/ブラックホール時空の検証」
概要 我々の銀河の中心(いて座)には,強い電波源 Sgr A*(いて座Aスター)が確認されている。その周りの星々(S-stars)の運動の測定から,Sgr A* は質量が太陽の約400万倍の巨大ブラックホールだと強く示唆されている。(この事実の草分け的な赤外線観測研究が,2020年ノーベル賞の50%である。) S-stars の中で S0-2 と呼ばれる星(公転周期16年)は,2018年5月に Sgr A* 最近点を通過した。
私たちは2014年からすばる望遠鏡でS0-2のモニター観測を続けており,2018年の測定データはニュートン重力では説明がつかないことを明らかにできた(ニュートン重力は却下された)。現在,S0-2の測定データに最も合致する重力理論が何かを議論するために,時空計量の Parametrized post-Newton(PPN)展開の方法で重力理論のテスト(ベイズ統計解析)を実施中である。
今回の発表では,Sgr A* にまつわる研究の概要を紹介し,PPN テストの進捗状況も報告したい。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年10月27日(火)16:30〜18:00
講師 小林 望 氏(IPMU)
題目 "The O(N) model with φ^6 potential in R^2×R^+"
概要 In this talk I will argue the large N limit of the O(N) model with classically marginal φ^6 interaction in three dimensions in the presence of a planar boundary. This theory exhibits an approximate conformal symmetry at large N, then we can treat it as Boundary Conformal Field Theory(BCFT). Taking the advantage of this fact, I will compute large N effective potential, two-point functions of the conserved current and the stress energy tensor, which allow us to determine boundary anomaly coefficients in the trace of the stress tensor. I will then consider bulk and boundary conformal block decomposition of two-point functions. Finally I will explain how anomaly coefficients depend on quasi-marginal φ^6 coupling. This talk is based on a collaboration with Christopher Herzog.
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年10月20日(火)16:30〜18:00
講師 黒柳 幸子 氏(Universidad Autonoma de Madrid)
題目 「LISAによる背景重力波探索」
概要 欧州で計画の進む宇宙重力波望遠鏡LISAは、250万キロという長い基線長を持ち、0.1mHzから1Hzの低い周波数帯で重力波を捉えることが可能である。100Hz帯の重力波を測る地上実験とは全く異なる周波数の重力波を検証できるため、様々な新しいサイエンスが切り開かれることが期待されている。本講演ではその中でも背景重力波の検証に焦点を当て、特に初期宇宙論に対してどのような知見を与えることができるかをお話しする。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年10月13日(火)16:30〜18:00
講師 深谷 英則 氏(大阪大学)
題目 "A physicist-friendly reformulation of the Atiyah-Patodi-Singer index"
概要 The Atiyah-Patodi-Singer index theorem describes the bulk-edge correspondence of symmetry protected topological insulators. The mathematical set-up for this theorem is, however, not directly related to the physical fermion system, as it imposes on the fermion fields a non-local and unnatural boundary condition known as the "APS boundary condition" by hand. In 2017, we showed that the same integer as the APS index can be obtained from the eta invariant of the domain-wall Dirac operator in four-dimensional flat space. Recently we gave a mathematical proof that the equivalence is not a conincidence but generally true on any even-dimensional curved manifold. This talk is based on the following papers,
Fukaya, Onogi, Yamaguchi, PRD96(2017) no.12, 125004 [arXiv: 1710.03379]
Fukaya, Furuta, Matsuo, Onogi, Yamaguchi, Yamashita, arXiv:1910.01987 (to appear in CMP)
Fukaya, Kawai, Matsuki, Mori, Nakayama, Onogi, Yamaguchi, PTEP 2020 (2020) 4, 043B04 [arXiv:1910.09675].
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年10月6日(火)16:30〜18:00
講師 池田 大志 氏(Sapienza University of Rome)
題目 "No-hair theorem and spontaneous scalarization of BHs"
概要 近年、非自明なスカラー場を持つブラックホール(BH)を作る機構として、BHの自発的スカラー化と呼ばれる現象が注目されている。自発的スカラー化を起こしたBHの周りにはスカラー場が非自明な配位を持つ。
本講演では、無毛定理を紹介した後に、BHの自発的スカラー化について最近の 研究を説明する。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年9月29日(火)16:30〜18:00
講師 新居 慶太 氏(京都大学)
題目 "Generalized Giveon-Kutasov duality"
概要 本講演では3次元超対称Chern-Simonsゲージ理論に関する双対性「Giveon-Kutasov duality」 の一般化を紹介する。ゲージ群がU(N)の場合、Chern-Simons項を一般化することができ、SU(N)ゲージ群に対する双対性まで含んだ双対性の統一的な記述を与えることができる。この理論における、量子論的クーロン相の取り扱いを説明し、双対性の検証を行う。最後に、一般化されたGiveon-Kutasov双対性の応用を紹介する。
言語 日本語
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年7月21日(火)16:30〜18:00
講師 簡 直人 氏(東京工業大学)
題目 "Half-hypermultiplets and incomplete/complete resolutions in F-theory"
概要 I will talk about resolutions of codimension-two enhanced singularities from SO(12) to E7 and E7 to E8 in six-dimensional F-theory compactifications, where half-hypermultiplets arise for generic complex structures achieving them. The exceptional fibers at the enhanced point exhibit different structures depending on how the colliding 7-brane approaches the stack of gauge 7-branes, as previously observed by Morrison and Taylor in the case of the enhancement from SU(6) to E6. When the colliding brane approaches them as O(s), where s is the coordinate of the base space along the gauge 7-branes, the resolution process ends up with fewer exceptional fibers than naively expected from the Kodaira classification, with a non-Dynkin intersection matrix including half-integral intersection numbers. We confirm that the exceptional fibers at the enhanced point form extremal rays of the cone of the positive weights of the relevant pseudo-real representation, explaining why a half-hypermultiplet arises there. By altering the ordering of the singularities blown up in the process, we obtain, for both SO(12) -> E7 and E7 -> E8, the intersection diagram on every other row of the corresponding box graphs. We present detailed derivations of the intersection diagrams of the exceptional fibers at the singularity enhanced points by examining how an exceptional curve is lifted up on the chart arising due to the subsequent blowing-up process. When the colliding brane approaches the stack of branes as O(s^2), we obtain additional conifold singularity at the enhanced point, which completes the full Dynkin diagram of the enhanced group as was found previously. This talk is based on a collaboration with Shun’ya Mizoguchi and Taro Tani.
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年7月7日(火)16:30〜18:00
講師 藤倉 浩平 氏(東京工業大学)
題目 "Scaled-up Electroweak Baryogenesis"
概要 このセミナーでは、我々が考案した素粒子標準模型を超える新たな模型を紹介し、その模型で実現されるバリオン数生成の機構について議論する。また、この新しい模型への加速器実験からの制限や、一次相転移由来の重力波観測についても、時間の許す限り議論を行う。
We propose a new framework that a phase transition associated with a gauge symmetry breaking occurring (not far) above the electroweak scale sets a stage of baryogenesis similar to the electroweak baryogenesis in the Standard Model. A concrete realization utilizes the breaking of $SU(2)_R \times U(1)_X \rightarrow U(1)_Y$. New chiral fermions charged under the extended gauge symmetry have nonzero lepton numbers, which make the $B-L$ symmetry anomalous. The new lepton sector contains a large flavor-dependent CP violation, similar to the Cabibbo-Kobayashi-Maskawa phase, without inducing sizable electric dipole moments. A bubble wall dynamics associated with the first-order phase transition generates a $L$ asymmetry, which is transferred into a $B$ asymmetry via the ordinary electroweak sphaleron process. Unlike the Standard Model electroweak baryogenesis, the new phase transition can be of strong first order and the new CP violation is not significantly suppressed by Yukawa couplings, so that the observed asymmetry is easily realized. The model can be tested by the interplay of collider searches and gravitational wave detections.
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年7月2日(15:20〜17:00
講師 大向 一行 氏(東北大学)
題目 「巨大ブラックホールの起源:超競争的降着による巨大星の形成」
概要 我々の銀河系をはじめ、ある程度大きな銀河の中心部には太陽質量の100万倍から 10億倍程度の巨大ブラックホールが存在しているが、その起源は謎に包まれている。 宇宙誕生後、10億年に満たない時期においてもこのような巨大ブラックホールが いくつか発見されていることから、巨大ブラックホールの起源は宇宙初期にあり、 種となったブラックホールからの成長時間も短いことから、最初の種質量も通常の 星よりもずっと大質量なものが望ましいと考えられる。
本講演では、そのような大質量の種ブラックホール形成として考えられるシナリオを 概観したうえで、最近、我々が提唱した「超競争的降着」による巨大星の形成と その重力崩壊による種ブラックホール形成過程を詳述する。これまで始原ガスの 特殊な環境では巨大星が形成されえることは知られていたが、そのような環境は 極めて稀であり、銀河中心に普遍的に存在する巨大ブラックホールの種としては 数が少なすぎた。今回、紫外線の照射のものでの微量の重元素を含むようなガスからの 星形成過程を数値シミュレーションしたところ、ガスの分裂により星団が形成され、 構成する星たちは競争的に周囲のガスを獲得して成長するものの、最も大きな星は その中心に存在して、ほぼ独占的に他より多くのガスを降着して成長し、 10万太陽質量以上の巨大な星となり重力崩壊することが分かった。このように強い 紫外線がある環境は、通常、微量の重元素を持っているとかんがえられ、 始原ガスの場合に比べて多くの種ブラックホールを生成できると予想される。
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン(事前登録が必要です。問い合わせ先:harada rikkyo.ac.jp)

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年6月30日(火)16:30〜18:00
講師 本多 正純 氏(京都大学)
題目 "Digital Quantum Simulation of the Schwinger Model with Topological Term via Adiabatic State Preparation"
概要 I am going to talk about application of quantum computation to numerical simulation of quantum field theory. Specifically we implement a digital quantum simulation of a gauge theory with a topological term in Minkowski spacetime, which is practically inaccessible by standard lattice Monte Carlo simulations. We focus on 1+1 dimensional quantum electrodynamics with the θ-term known as the Schwinger model. We construct the true vacuum state of a lattice Schwinger model using adiabatic state preparation which, in turn, allows us to compute an expectation value of the fermion mass operator with respect to the vacuum. Upon taking a continuum limit we find that our result in massless case agrees with the known exact result. In massive case, we find an agreement with mass perturbation theory in small mass regime and deviations in large mass regime. We estimate computational costs required to take a reasonable continuum limit. Our results imply that digital quantum simulation is already useful tool to explore non-perturbative aspects of gauge theories with real time and topological terms. This talk is based on a collaboration with Bipasha Chakraborty, Taku Izubuchi, Yuta Kikuchi, Akio Tomiya.
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年6月16日(火)16:30〜18:00
講師 保科 宏樹 氏(東京大学)
題目 "An application of quantum logic to quantum field theory"
概要 Formal-logical approaches to quantum physics originate from the work of Birkhoff and von Neumann in 1936. Since then, these kinds of approaches have been studied in mathematics, physics, logic, and philosophy. In this talk, we first sketch research backgrounds of this area, and introduce our motivations. Then we talk about our recent work, “Dynamic Logic of Quantum Field Theory” [2002.12203]. If time allows, we shall present further research topics in which we are interested.
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年6月9日(火)16:30〜18:00
講師 衣川 智弥 氏(東京大学 宇宙線研究所)
題目 「重力波で探る宇宙初期起源天体」
概要 重力波観測のメインターゲットはコンパクト連星合体である。合体までのタイムスケールは数億年から宇宙年齢以上と非常に長いため、宇宙初期にできる連星を重力波で観測することで宇宙初期の星進化を明らかにできるかもしれない。本発表では初代星起源連星ブラックホールの質量、スピン、観測率と将来観測について議論する。
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年6月2日(火)16:30〜18:00
講師 佐藤 勇貴 氏(名古屋大学)
題目 "Towards elucidation of quantum criticality in the presence of quantum gravitational field"
概要 In statistical mechanics, a long-range correlation emerges due to a divergent fluctuation of a physical quantity and this is called the critical phenomenon. In particular, critical phenomena at the zero temperature are dubbed quantum critical phenomena because they are triggered by quantum fluctuations. In this talk, I will discuss quantum criticalities in the presence of quantum gravitational field. After explaining the motivation and the background of this study, I will introduce a particular model, the Ising model on 2d dynamical triangulations, and discuss its quantum criticality introducing an external parameter to the system and slightly modifying the underlying lattice structure. Then I will show that one can reach the quantum critical point with tuning the parameter to a certain value. As it turns out, physics at the zero temperature is quite sensitive about how we cool down the system. I will also show the existence of a continuous parameter that characterizes the way one approaches the quantum critical point and it may enter in a critical exponent. The talk will be based on Phys.Rev. D98 (2018) no.2, 026026 and arXiv:2003.08524 [hep-th].
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年5月26日(火)16:30〜18:00
講師 鎌田 耕平 氏(東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター)
題目 「初期宇宙磁場とその (素粒子) 宇宙論的諸現象」
概要 FermiによるTeVブレーザーの観測は本来あるはずのカスケードGeVガンマ線を検出していない。 これは銀河間に磁場があるとすれば説明でき、そのような磁場の起源を初期宇宙に求めることは興味深い可能性の一つである。本講演では、初期宇宙の電弱相転移前に(ハイパー)磁場が生成された場合引き起こされる、素粒子的宇宙論の観点から面白い現象を紹介する。 特に、もし(ハイパー)磁場がヘリシティを持っていたならば、素粒子標準模型のカイラル量子異常を通じて、 電弱相転移前および相転移時に物質反物質非対称が生成されることに注目する。この機構自体には素粒子標準模型を超えた物理は必要とされず、磁場生成にこそ標準模型を越えた物理が必要とされるのである。本講演ではこの機構を概説し、その痕跡としての銀河間磁場がどのような特徴をもつべきかを紹介する。さらに、このような磁場を作るような機構として、インフレーション、アフレックダイン機構、カイラル磁気不安定機構を紹介する。
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(素粒子)

日時 2020年5月19日(火)16:30〜18:00
講師 松尾 善典 氏(大阪大学)
題目 "Nuclear states and spectra in holographic QCD"
概要 A new method to study nuclear physics via holographic QCD is proposed.Multiple baryons in the Sakai-Sugimoto background are described by a matrix model which is a low energy effective theory of D-branes of the baryon vertices.We study the quantum mechanics of the matrix model and calculate the eigenstates of the Hamiltonian. The obtained states are found to coincide with known nuclear and baryonic states, and have appropriate statistics and charges. Calculated spectra of the baryon/nucleus for small baryon numbers show good agreement with experimental data.For hyperons, the Gell-Mann--Okubo formula is approximately derived.Baryon resonances up to spin 5/2 and isospin 5/2 and dibaryon spectra are obtained and compared with experimental data.The model partially explains even the magic numbers of light nuclei, N=2, 8 and 20.
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン

理論物理学コロキウム(宇宙)

日時 2020年5月12日(火)16:30〜18:00
講師 平松 尚志 氏(立教大学)
題目 "Testing gravity theories with cosmic microwave background in the degenerate higher-order scalar-tensor theory"
概要 本講演では、宇宙マイクロ波背景放射の観測による重力理論の検証に関してお話します。先日、最も広いクラスの重力理論である「縮退高階微分スカラー・テンソル(DHOST)理論」のボルツマンソルバー cmb2nd への実装が完了しましたので、その結果を基にして、将来の CMB 観測でどの程度の検証が可能であるかを議論します。
言語 日本語(Japanese)
場所 オンライン


2019年度以前のコロキウム情報はこちらから御覧ください。