科研費 基盤研究(A)(一般)プロジェクト
2018年度~2022年度

戦後体制(レジーム)とは何であったか――「戦後日本」政治経済史の検証

研究会テキスト

※下線部をクリックすると、パスワード入力の後、テキスト一覧と報告者情報がダウンロードできます。 また、テキストの一部がPDFで読めます。

第四回 2019年3月8日(金)

第三回 2018年11月11日(日)

※研究協力者には、本部予算からお送りします。

第二回 2018年8月20日(月)・21日(火)

※研究協力者には、本部予算からお送りします。

第一回 2018年7月1日(日)

会場:立教大学池袋キャンパス

  • 第一報告(書評)
    ※テキストとして、松浦の書いた五つの論文がありますが、お時間のない場合は、 一番上のものだけでもお読みください。 最後のものは、松浦著『「大東亜戦争」はなぜ起きたのか』2010のダイジェストとお考え頂いて結構です。戦後へのつながりが、最後の方で少し書かれています。
  • 第二報告(報告 当日、レジメに沿って報告します。)
  • 第三報告(軽部書に対する書評)
    • 第三報告(PDF)
    • ※各自、軽部謙介『官僚たちのアベノミクス』岩波新書、2018をお買い求めください。 テキストはこちらだけですが、参考文献として、下記があります。
         
      • 軽部謙介『検証・バブル失政』岩波書店、2015
      •  
      •  〃  『ドキュメント ゼロ金利』岩波書店、2004
  • 第四報告(報告 当日、レジメに沿って報告します。)

ファイルのダウンロードについて

ファイルのアップロードについて

ページトップに戻る