Profile /

プロフィール

水上徹男(Tetsuo MIZUKAMI)

立教大学社会学部現代文化学科教授

専門分野

マイグレーション研究、グローバル社会論、都市社会学

学歴

1981年 立教大学社会学部社会学科卒業(卒業論文「現代型スラムの日本的形態 ―山谷のメンタリティと生活―」)

1990年 グリフィス大学アジア国際研究学部 (Division of Asian and International Studies, Griffith University) 大学院Master of Philosophy(文化人類学専攻)修了(thesis titled, Integration of Japanese Residents into Australian Society: Immigrants and Sojourners in Brisbane).

1998年 モナシュ大学人類学・社会学部 (Department of Anthropology and Sociology, Monash University) 大学院Doctor of Philosophy(社会学専攻)修了(thesis titled, New Urban Ethnicity: Japanese Sojourner Residency in Melbourne).

学位

1992年 2月  Master of Philosophy (Griffith University, Brisbane)

1999年 12月  Doctor of Philosophy (Monash University, Melbourne)

所属学会

日本社会学会、関東社会学会、日本都市社会学会、地域社会学会、関東都市学会、オーストラリア学会、International Institute of Sociology, International Sociological Association (RC5, RC21), Japanese Studies Association of Australia, Asian Studies Association of Australia.

研究員等

2019年2月-2019年11月 東アジア文化都市 2019 豊島推進協議会委員

2013年7月-2016年7月 人事院国家公務員採用総合職試験(人間科学)専門委員

2009年9月-2010年8月 Honorary Senior Research Fellow, モナシュ大学 (Faculty of Arts, Monash University, Melbourne)

2006年10月-2009年3月 国立民族学博物館共同研究員

研究所、NGO、学会等