生活と防災についての意識調査

2021/09/14

 2021年度は埼玉県の浦和区と熊谷市内にて調査を実施させていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。調査票が届いてから1月以内くらいに、ご回答いただければ幸いです。

 調査目的は、今後の政策提言や研究に生かすため、防災や生活についてのみなさまの意識を、はば広く把握し、統計分析により研究することです。大学が独自に行っている社会調査であり、その他の団体や組織、会社や役所などは、まったく関係ありません。住宅地図をもとに学生が担当地点を巡回しております。こちらは地図上の住所と表札名しか分かりません。統計的に偏りがないように、まったく無作為に対象者1200人を選ばせていただいております。

 2020年度は東京都世田谷区にて調査を実施しました。ご協力いただき、大変感謝しております。以下の結果お知らせの中に調査票PDFもあります。住宅地図をもとに学生が担当地点を巡回してました。まったく無作為に対象者2700人を選ばせていただいております。

 2019年は福島県郡山市、東京都豊島区にて社会調査を実施させていただきました。この調査は、学術研究と教育を目的として、立教大学と東北大学が共同で実施させていただいております。学問研究のために、大学が独自に実施している調査です。

御礼 世田谷区調査の結果について

  調査結果のお知らせ
  分析結果の一部をまとめました。

御礼 豊島区調査の結果について

  調査結果のお知らせ
  分析結果の一部をまとめました。

御礼 郡山市調査の結果について

  調査結果のお知らせ
  分析結果の一部をまとめました。

 これまで調査にご協力いただいた方は、まことにありがとうございました。多くの方から回答をいただき大変感謝しております。これまでの調査結果については、基本的な内容をまとめましたので、以下をご覧ください。これまでに福島市、仙台市、仙北地域郡部(黒川郡と宮城郡周辺)、東京都にて調査を行いました。これまでの研究成果は、報告書として刊行した他、学会等にて発表しております。

調査に関するお問い合わせ先

   東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学社会学部 教授 村瀬洋一   murase○rikkyo.ac.jp

 

東北社会学会ホームページ
  2019年7月(東北大学)における大会で分析結果の一部を発表しました。

日本社会学会ホームページ
  2019年10月(東京女子大学)における大会で分析結果の一部を発表しました。


調査結果について  

★調査結果 報告書 2017年3月発行


★2015年福島 調査結果のお知らせ

★2015年仙台 調査結果のお知らせ

★2014年東京 調査結果のお知らせ



  2013年度までの分析結果報告書

★調査結果 報告書 2014年3月発行


★2012年仙北 調査結果のお知らせ

★2012年仙台 調査結果のお知らせ

★2011年 調査結果のお知らせ


調査結果 河村の横浜市港南区講演資料 被害状況や選挙について

調査結果 村瀬の日本社会学会発表資料 不安感について

調査結果 三澤の計量社会学研究会発表資料 健康について

調査結果 村瀬の国際社会学会RC28階層部会発表資料 被害金額と不安感について

調査結果 村瀬のアメリカ社会学会2013発表資料 被害金額と不安感について

日本行動計量学会ホームページ
  大会にて調査結果を報告しました。

アメリカ社会学会大会ホームページ
  大会にて調査結果を報告しました。

日本選挙学会ホームページ
  2013年5月19日 特別セッションにて調査結果を報告しました。

日本行動計量学会ホームページ
  2012年9月の震災部会にて調査結果を報告しました。

立教大学「東日本大震災・復興支援関連研究」成果報告会のお知らせ(2012/7/28開催) 終了しました



★★分析実習用データについて

立教大学社会調査データアーカイブ RUDA


   2015年福島調査票

   2015年仙台調査票

   2014年東京調査票


   2012年仙北調査票

   2012年仙台調査票

   2011年仙台調査票


****東北大学情報科学研究科 政治情報学ページ ****

****立教大学社会学部ページ ****


研究予算について
   立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR) [東日本大震災・復興支援関連研究]


   表紙に戻る